« 国連と国会の温度差 | トップページ | 炙りだされる日本の敵 »

2006年10月12日 (木)

世界一の無責任男

ノムヒョン大統領が日本に敵対する意思をハッキリと示したようです。

【核開発】韓国政府「金剛山、開城事業は継続」

 韓国政府は国連安保理で米国主導の対北制裁決議が採択されても、開城工業団地・金剛山観光事業を中断しないという方針を決定したことが11日、分かった。韓国政府の関係者らは、現在米国が安保理に提出した制裁決議草案を検討した結果、両事業を中断する必要がないという判断を下したものと伝えられている。

 開城工業団地・金剛山観光事業は北朝鮮が現金を入手する主要なルートであり、両事業が続けられる場合、国連決議案の対北制裁の効果が大きく色あせるものと見られる。韓国政府の当局者は「現在の米国側草案は、北朝鮮の大量破壊兵器(WMD)に関連する資産や資金、物品、技術などの移転を禁止しているが、金剛山観光と開城工業団地はこの基準にまったく当てはまらないと語った。

 韓国政府はこれに先立ち、今年7月の北朝鮮によるミサイル大量発射に対する安保理決議1695号が採択された際にも同様の立場を取り、両事業に何ら措置を取らなかったことがある。

 また、韓国政府のこうした立場は、2日前の北朝鮮による核実験当日に盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領が行った発言から急激に変化したものだ。盧大統領は北朝鮮の核実験直後の記者会見で、両事業の今後の見通しに関する質問を受け、「これまでのようにあらゆることに耐え、譲歩し、北朝鮮が何をしてもすべて受け入れることはできなくなったのではないか」と述べたことがある。

李河遠(イ・ハウォン)記者

2006/10/12 8:30 朝鮮日報

こんなことも言ってます。

【核開発】盧大統領「任期内に解決する可能性低い」

 盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領は11日、外交安保分野の専門家との懇談会で、「北朝鮮の核問題は私の任期内に解決される可能性は低いと思われる」と話したと参加者の1人が伝えた。

 これは今回の事態が一般の認識よりはるかに長期化する可能性が高いという判断によるものとみられる。また、自身の任期はもちろん、ブッシュ米大統領の任期(2008年1月)内にも解決は難しいという認識とも関連があるとみられる。

 盧大統領はこの日、南北経済協力事業関係者との懇談会の席で「約2カ月以内に解決されなければ長期化するだろう」と述べた。

 また、米朝対話の可能性と関連、「しばらくは難しいだろう」と述べ、南北の直接的な協力を通じた打開の可能性についても「そのような状況ではないようだ」と述べたとされている。

 盧大統領は金剛山観光・開城公団事業の継続と関連しては、国連の決議案をみなければ最終判断を下すことはできないという趣旨の発言をした。また、国連会員国として安保理の規定を守るほかなく、「安保理決議案と太陽政策をどのように融合させるかが課題」と述べたという。

安容均(アン・ヨンギュン)記者

2006/10/12 10:00 朝鮮日報

おまけにこんなことも。

盧大統領「韓日関係、未来志向のみで進めること困難」

 盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領は11日、外交安保分野の専門家との懇談会に出席した。

 盧大統領は安倍晋三首相との首脳会談で「わたし以外のどんな指導者が韓国の大統領になっても、日本との関係を未来志向的のみで進めるのは難しいと述べ、安倍首相はこれに理解を示した」と述べた。

 盧大統領は潘基文(パン・ギムン)外交部長官の国連事務総長確定の事実について取り上げ、韓米同盟に異常はないという趣旨の発言をした。盧大統領は「本当に韓米関係に異常があったとすれば事務総長に選出されるはずがない」との見方を示したという。

安容均(アン・ヨンギュン)記者

2006/10/12 09:40 朝鮮日報

その潘基文外交部長官はこんなことを言ってます。

「国連を効果、効率的な組織に」 潘次期事務総長が表明

 国連の次期事務総長に内定している韓国の潘基文・外交通商相が11日、国連本部を訪れてアナン事務総長やアジア諸国の大使らと会談し、次期事務総長としての決意を表明した。潘氏は13日午後の国連総会で正式に選出され、アナン氏から引き継ぎを受けて来年1月1日に就任する。

 国連本部で開かれたアジア諸国の国連大使会議で演説した潘氏は、(1)国連を効果的で効率的な組織にして、21世紀の課題に対応できるようにする(2)加盟国の信頼を回復できるよう、最大限の努力をする(3)組織の重複を排して、真にニーズのあるところに支援が届くように人的資源の活用を目指す、という3点を目標に掲げた。

 北朝鮮の核実験への対応については、記者団に韓国外相としての発言だとして「安全保障理事会の迅速な対応を強く支持している」と述べた。

2006年10月12日10時26分 朝日新聞

外務次官も太陽政策見直しを示唆

韓国外務次官、金剛山観光など見直し示唆

 韓国の李揆亨(イ・ギュヒョン)・第2外務次官は11日の記者会見で、北朝鮮の核実験発表に伴い、北朝鮮・金剛山観光と開城工業団地開発を見直す考えを示唆した。李次官は「韓国政府は核実験によって生じたすべての事態の責任は北朝鮮にあると表明している。この問題もそうした観点から検討を経ることになる」と述べた。南北経済交流の象徴となっている両事業の見直しは、韓国政府の制裁措置として浮上している。

2006年10月11日12時18分 朝日新聞

以上のことからわかったこと。

  • ノムヒョンは北の操り酋長で底抜けの馬鹿
  • 馬鹿に仕える官僚は苦労する
  • 北朝鮮に対して本気で制裁する意思はない
  • 北朝鮮問題が長引いたらその原因の90%はノムヒョンの所為
  • ノムヒョン以外の誰が大統領になっても今よりはマシ
  • 潘基文氏は「本当に韓米関係に異常があったとすれば事務総長に選出されるはずがない」のではなく、韓米関係に異常があるからこそ米国に支持された。
  • 青瓦台と韓国外交通商部との見解の相違は決定的
  • 基本的に南北朝鮮は同じ国

日本のとるべき方策(推奨)

  • これ以上馬鹿の相手はしない
  • 交渉は外交通商部を通して行う
  • テロリスト支援国家として認定する

南北まとめて制裁するべきだと思う方はクリック!(人気blogランキングへ)

早速テロリストが逮捕されたようです。

韓国すり団?3人逮捕、5都県の300件自供

入国禁止処置を南朝鮮まで広げるべきですね

|

« 国連と国会の温度差 | トップページ | 炙りだされる日本の敵 »

コメント

 これから脳無ヒョン大統領は、どんどん間違った方向に舵を取り続けるんでしょうね。

 日本は国内反日分子が邪魔ですね。脳無ヒョンに呼応しますから・・・。
やはり、日本は大急ぎで国内の反日勢力を黙らせることが急務。
しかし、中共を抑えておけば脳無ヒョンはひたすら世界から孤立する方向に向かうでしょうが・・・・。

潘基文氏は、徹底的に板挟みになってメチャメチャ苦しむことになるのでしょう。潘基文氏を使って韓国へのコントロールを強めようと意図したのが米国の意図か?
 

投稿: 民草あおい | 2006年10月12日 (木) 17時19分

>>入国禁止処置を南朝鮮まで広げるべきですね
心の底からそう思います。
せめてビザなし渡航はやめる、留学生の受け入れ縮小、これ以上在日コリアンを日本に帰化させない・・・くらいのことはやってほしいものです。

投稿: ジョー | 2006年10月12日 (木) 17時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118475/3777690

この記事へのトラックバック一覧です: 世界一の無責任男:

« 国連と国会の温度差 | トップページ | 炙りだされる日本の敵 »