« 安全保障の危機 | トップページ | 偏向が前提の議論 »

2006年10月 6日 (金)

真紀子国会質問に立つ

田中真紀子議員が衆議院予算委員会の質問に立ったようです。

「パパの靴で右へ右へ」 真紀子議員、首相と初顔合わせ

 安倍首相の誕生を「線香花火」と皮肉った田中真紀子元外相(民主党・無所属クラブ)が6日、衆院予算委員会の質問に立った。田中氏の予算委登場は小泉内閣の外相だった時以来、4年半ぶり。

 ともに93年衆院選の初当選組。田中氏が「当選同期。気楽に本音を」と言えば、首相も「同期で真紀子さんこそ総理になると印象を持っていた」と応じるなど、質疑は穏やかに始まった。

 だが、田中氏はすぐに首相の印象を「小さな子どもがパパの革靴をいたずらではいて道路に出ると、右の方へ、右の方へ歩いて行きそうなので、ちょっと危なっかしい」と皮肉り、「『美しい日本』というから、どんなにか美しい閣僚が出るかと思ったら、美しいという言葉は、抽象的で個人差がある形容詞だと思った」などと「真紀子節」を連発した。

 また、首相の近著「美しい国へ」についても「ゴーストライター(が書いたのか)? 学者の本と表現が重なる」と挑発。首相が「2年近くかけ書きためたり口述したことをまとめた。どの部分が重なっているのか」と反論する場面もあった。

2006年10月06日12時02分 朝日新聞

 田中真紀子の存在理由って何なんでしょうね。発言も笑わせてくれます“「小さな子どもがパパの革靴をいたずらではいて道路に出ると、右の方へ、右の方へ歩いて行きそうなので、ちょっと危なっかしい」”だなんて、秘書給与横領で自民党を追い出され、議員辞職した上に、脱税が発覚して目黒御殿の一部を分納した方に言われたくないですね。自分は“ロッキード社から賄賂を受け取って逮捕されたパパ(田中角栄)の革靴をいたずらではいて道路に出たら、金へ金へと歩いていってトラックに轢かれた”ということでしょうか。

 おまけに安倍首相の著書「美しい国」について“「ゴーストライター(が書いたのか)? 学者の本と表現が重なる」”等と亀甲並の批判を繰り広げています。民主党関係者はあの日記を読んで自民党対策をしているのかもしれませんね。

 この方は過去に親中親北発言も目立ち、拉致被害者に対しても“拉致家族の子供は北朝鮮で生まれたから北朝鮮に帰るべき”“家族の国籍は国際法上は北朝鮮”等の数々の暴言を吐いています。いわば、拉致家族奪還を目指す安倍首相にとっては、明らかな“敵”であるわけですから、こんな好き勝手言わせていないで、キッチリと息の根を止めていただきたいところです。

キッチリ息の根を止めてやれ!と思う方はクリック!(人気blogランキングへ)

参考サイト

田中真紀子の章 フリー百科事典ウィキペディア

|

« 安全保障の危機 | トップページ | 偏向が前提の議論 »

コメント

こんにちは。
>田中真紀子の存在理由って何なんでしょうね。

ふと思ったのですが、あのようにズケズケともの言うオバサンって、日本では人気が出やすいのではないかと。
よく考えれば、細木数子人気とそっくりなんですよ。

発言の内容などどうでも良くて、ズケズケ物言う態度が日頃鬱憤のたまっている人達から見ればガス抜きになっているのかもしれません。

おまけに細木も田中も過去の自分をすっかり棚上げするところまで似ています(^^;

どちらも五月蠅いだけで、世のためになるどころか邪魔なだけですから、早々に隠居してもらいたいものですね。

投稿: j.seagull | 2006年10月 6日 (金) 15時40分

コメントありがとうございます。
外務省時代にはいろいろもてはやされていましたが、結局何の実績も残せないまま終わりましたね。
政治家としては終わってますが、民主党としては必要な人材のようです。真紀子を重用する民主党の存在価値も高が知れたってもんですネェ。

投稿: takayuu@管理人 | 2006年10月 6日 (金) 15時59分

田中真紀子・・・なんとかならんもんでしょうか。
もっと冷静に事実と論理で迫っていく、本来の言論の府にふさわしい討論はいつのことか。
ずけずけ突っ込む女性発言に喝采を送る人々・・・そろそろ言論行使発展途上国から離陸したいのに・・・ため息・・・

投稿: ブローガー | 2006年10月 6日 (金) 17時35分

私も最近まで気づかずにいましたが田中真紀子,角栄同様の社会主義者だったのですね.角さんはまだ人間味があり魅力がありましたが苦労知らずの真紀子は全くの別物ですね.TVでは威勢のいい真紀子節ばかりを強調していますが,頭も弁術もきれがなくなりましたね.あいかわらず,中国側の知恵とか言って戦時の軍部を国民と切り離すことによって賠償をいっさい要求しないこととした周恩来の恩を忘れるなとか訳のわからないことを並べて.尚,これと同時に比較した件がアメリカから天皇制を残す見返りに永久的に戦争や軍備を放棄することを約束したなどと時代錯誤のおばさんの浅知恵を繰り返すばかりでした.金正男をピョンヤンに帰したのは自分ではなく小泉の責任だとのことでした.聞いている方が恥ずかしくなります.最後に安倍さんにマックスウェーバーからの引用を説教めかしく押し付けて質問を終えていましたが,年をとったのか昔からこんなに低レベルだったのでしょかね?

投稿: kiki | 2006年10月 6日 (金) 18時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118475/3710255

この記事へのトラックバック一覧です: 真紀子国会質問に立つ:

» 極右政党を作ろう! [Empire of the Sun太陽の帝国 ]
 国会は3日間の本会議代表質問が終わり・予算委員会に移ったが、野党の追及が厳しく [続きを読む]

受信: 2006年10月 6日 (金) 22時54分

» 田中眞紀子は時代遅れの武器 [ぼやきくっくり]
 まずはお知らせ。 ブログのメニューに設置してあるアンケート「生まれ変わっても日本人になりたい?」の投票受付は10/6をもって終了させていただきました。 数日内に、既にログ落ちしてしまった分も含め皆様か...... [続きを読む]

受信: 2006年10月 7日 (土) 02時58分

« 安全保障の危機 | トップページ | 偏向が前提の議論 »