« 造反議員の復党容認 | トップページ | わかりやすい偏向報道⑦ »

2006年10月16日 (月)

パンドラの箱

中川昭一政調会長が核保有について語ったようです。

北朝鮮核実験:「日本の核保有も選択肢」中川政調会長

 自民党の中川昭一政調会長は15日、テレビ朝日の討論番組に出演し、北朝鮮の核実験問題をめぐる日本の核保有論について「(日本に)核があることで、攻められないようにするために、その選択肢として核(兵器の保有)ということも議論としてある。議論は大いにしないと(いけない)」と述べた。その上で「もちろん(政府の)非核三原則はあるが、憲法でも核保有は禁止していない」と強調した。

 与党三役クラスの有力政治家が、公の場で核保有の議論を提起した例はこれまでなかった

 中川発言に関連して、安倍晋三首相は同日、遊説先の大阪府茨木市での街頭演説で「北朝鮮が核武装宣言しようとも、非核三原則は国是として守っていく」と述べた。【堀井恵里子】

 ◇中川氏…問われる政治センス

 自民党の中川昭一政調会長は15日、テレビ朝日の番組で核保有論議を提起したが、政府・与党内で直ちに議論が広がる状況にはない。北朝鮮の核実験を国際社会が一致して非難している時だからこそ、なおさら「国際的タブー」になっているだけに、政府・与野党から批判が相次いだ。中川氏の「勇み足」は、政治センスを問われかねない

 中川氏はテレビで「(日本に)核があることで、攻められる可能性が低い、あるいはない、やればやり返す、という論理は当然ありえる」とも述べた。03年11月の衆院選挙期間中に毎日新聞が実施した全候補者アンケートでは「日本の核武装構想について、国際情勢によっては検討すべきだ」と回答している。政治家として年来の持論とはいえ、与党の政策責任者という立場では、国内外に影響が広がりかねない。

 中川発言について、久間章生防衛庁長官は15日、毎日新聞の取材に「今そういう議論はない。そういう必要もない。アメリカの核の傘の中で、日米安保条約に基づいてやっているのが一番いいし、それで十分だ」とはっきり否定した。

 閣僚の一人は「核を持つなら米国の傘の中にいる必要がなくなる。持ったところで、数百発も持つ中国に対抗できるわけでもない」と指摘。

 自民党の加藤紘一元幹事長も、毎日新聞の取材に「中川氏がどういうつもりで発言したのか分からないが、(このような発言に)ブレーキをかけないと世界中で誤解されてしまう」と述べた。

 一方、民主党の鳩山由紀夫幹事長は大阪府茨木市内での演説で「(中川発言は)目には目をみたいな話。北朝鮮が核を持ったら日本も持つという発想は、世界全体に核が拡散してしまう論理になる。日本は唯一の被爆国として核を持たずに、世界の核廃絶に向けリーダーシップを発揮しなければならない」と批判した。【中川佳昭、山下修毅】

毎日新聞 2006年10月15日 21時34分 (最終更新時間 10月15日 23時45分)

野党は早速補選の争点にするそうです。

民主、参院補選に危機感 「中川発言」で巻き返し

 民主党が衆院神奈川16区と大阪9区の補欠選挙に危機感を募らせている。自民党候補の優位が伝えられ、仮に連敗すれば、政権交代を唱える小沢一郎代表の「威信」が低下しかねないためだ。民主党は北朝鮮の核実験実施発表に関連して、中川昭一自民党政調会長から飛び出した核保有論議をめぐる発言を問題視。週明けから追及し、最終盤での巻き返しを図りたい考えだ。
 「タカ派政権ができたと思った矢先、『タカのつめ』が徐々に出てきたなという感じだ。つめは早く切っておくべきだ」
 大阪府茨木市で15日午後に開いた民主党候補のミニ集会。真っ黒に日焼けした鳩山由紀夫幹事長は、約40人の聴衆に、安倍政権の“危険性”を力説した。
 中川氏はこの日、民放番組で「憲法でも核保有は禁止されていない」と発言。非核三原則についても「見直す必要があるのかどうか」と議論する考えを示した。
 集会で中川発言を取り上げた鳩山氏は「核に対する日本の立場が一つの(補選の)大きな争点に浮上してきた」と指摘。「目には目をみたいな、とんでもない話だ。もし安倍晋三首相も同様の発言をするなら断じて許せないし、即刻退陣を求めていく」とボルテージを上げた。
 一方、小沢一郎代表は15日、前日に続いて補選の応援を見送った。関係者によると、小沢氏は18日に行われる今国会初の党首討論を重視、終日準備を進めたという。
 安倍首相を土日に選挙区入りさせた自民党は、小泉純一郎前首相を16日に両選挙区に投入、票の上積みを狙う戦略で、両党の舌戦は過熱しそうだ。

10/15 19:58 共同通信

 中川(酒)政調会長は、パンドラの箱を開けてしまったようです。これがどんな禍をもたらすのか注目していかなければなりません。

 といっても、この場合、禍がもたらされ、墓穴を掘ってしまうのはまたしても民主党ということになるでしょう。長年タブーとされてきた話ではありますが、それが国民に無条件に支持されているかというと大いに疑問があるからです。

 それは、反対側の発言を見ればよくわかります。“「核を持つなら米国の傘の中にいる必要がなくなる。持ったところで、数百発も持つ中国に対抗できるわけでもない」”“「中川氏がどういうつもりで発言したのか分からないが、(このような発言に)ブレーキをかけないと世界中で誤解されてしまう」”“「(中川発言は)目には目をみたいな話。北朝鮮が核を持ったら日本も持つという発想は、世界全体に核が拡散してしまう論理になる。日本は唯一の被爆国として核を持たずに、世界の核廃絶に向けリーダーシップを発揮しなければならない」”等いろいろとありますが、日本の国益を守り、国民の安全を守るという立場に立った発言は一つもありません。日本の犠牲の上に築かれる世界平和なんてクソクラエです。

 鳩山由紀夫幹事長も、この発言を補選の争点にする構えのようですが、長年特にたいした意味も無くタブーとされ、思考停止に陥った頭で議論したところで、核反対を国是とすることにたいした論拠が無いことを露呈することになるだけです。その結果繰り広げられる売国と当事者意識の欠落した反対意見の数々は、ただでさえあやふやな民主党の存在価値を更に失わせる結果となるでしょう。

 北朝鮮による核開発を宗主国である中国も止められなかった(本気で止める気がない)現実を目の前にして、そのような根拠のない“ダメだからダメ”的な子供じみた議論が有権者に受け入れられるとは到底思えません。もう、冷戦以前の論理は通用しないのです。

 そういった意味で「日本の核武装構想について、国際情勢によっては検討すべきだ」という意見は、至って正論、当たり前の話です。この場合、政治的センスを問われるのは「北朝鮮が核武装宣言しようとも、非核三原則は国是として守っていく」といわなくてもいいことを宣言した安倍首相の方になるでしょう。

 もちろん、安倍首相も日本の核武装を明確に否定しておくことで、国内の旧来の売国サヨク勢力を抑え、中国の協力を取り付けたい考えがあるとは思いますが、そういった余計な配慮と繰り返される譲歩が現在の危機を招いたといっても過言ではないでしょう。

 中国が今、北朝鮮核開発に関連して一番恐れていることは日本の核武装です。確かに北朝鮮に対抗して日本も核武装をするということになれば、世界的な核拡散という観点から見ると大いに問題があります。

 しかしながら、安保理決議において日米と中露の北朝鮮制裁に対する意見の対立を見る限り、中露が朝鮮半島の非核化に消極的であれば、その対抗策として日本の核保有を検討するということは、冷戦以後の安全保障を考える上で当然の帰結ではないでしょうか?そこで日本の核武装が問題だというのであれば、日本の安全保障の為に中露が朝鮮半島の非核化に対してもっと積極的に対応することを要求すればいいのです。

 戦後60年以上が経過し、冷戦終了後の激動する世界情勢に対して、この日本の憲法第9条や非核の誓いはあまりにも無力です。この日本の安全保障の危機に対して、そのことを議論すらしてこなかったことに反省するならまだしも、その議論さえ封じてしまおうとする民主党やサヨクマスコミの動きはすでに時代遅れであり、日本の安全保障を根底から揺るがす売国行為といわねばなりません。

 日本が「戦後レジーム」から脱却し「普通の国」になるまで、まだまだ時間がかかりそうです。しかしながら、自民党の三役が一般論とはいえ、日本の核保有について言及するなんてことは一昔前では考えられなかったことであり、大きな変化が起こりつつあることは間違いないようです。

 中川(酒)政調会長の今後の活躍に期待します。

中川(酒)政調会長を支持する方はクリック!(人気blogランキング)

|

« 造反議員の復党容認 | トップページ | わかりやすい偏向報道⑦ »

コメント

中川昭一にいさん、GJ!

 政権担当者では言えない事を、与党の政調会長と言う立場で言わせる・・・・安倍政権のしたたかな戦略だと思いますが?(^o^)

 中川昭一にいさんは、汚れ役を買って出て下さったのではないでしょうか?
 塩崎官房長官も「政府として党幹部の発言にコメントする筋合いでない」と上手にかわされています。

 国防を論じる際に、始めから選択肢を狭めることなんてナンセンスです。核を持たねば核が打ち込まれないと本気で信じている人は脳軟化気味の方々だけでしょう。

 国民は核を含む広範な国防論議を渇望していると思います。

 中韓に梯子を外され、地獄に仏のつもりで核保有発言に食い付く民主党は墓穴を掘ることになるでしょうね(^o^)

掘って掘って、地球の果てまで行っちゃってください(^o^)

投稿: 民草あおい | 2006年10月16日 (月) 12時57分

>>政権担当者では言えない事を、与党の政調会長と言う立場で言わせる
やっぱりそう思いますか。でも、そういう人事だとしても、ここまで言うとは思ってなかったかもしれませんね。
結局、それがわからないから民主党は万年野党、自民党の引き立て役でしかないのでしょう。

投稿: takayuu@管理人 | 2006年10月16日 (月) 13時29分

管理人様
初めて書き込みします。無知なので、いつも楽しく勉強させていただいてます。安部首相とか、最近よくつかわれる「戦後レジーム」について、よく意味があいまいで理解できなかったのですが、昨日の同ブログ[造反議員の復党容認]コメントにあるご意見さんの『日本人に謝りたい』モルデカイ・モーゼ著の資料を拝見し色々と謎がとけました。有難うございました。

話がずれましたが、サンデーを観ていましたが、田原さんの言うように今の国際情勢で論議も研究もしないで、一方的に反対では国の国益や国民を守る責任が持てないのではないかと?思いました。
仕事の関係で民主党に選挙で投票してましたが、最近考えが変りました。よく自分で判断し選挙に参加しなければならないと。

管理人様これからも記事掲載大変とおもいますが、大学を出ても世間知らずの無知な私のようなものにはありがたく感じております。

応援しますので、いつまでもかんばって下さい。

投稿: 専業主婦 | 2006年10月16日 (月) 13時43分

初めまして。
私も昨日のサンプロを見ていましたが、中川政調会長
の核保有論は「(議論は大いにしなくてはならない)・・必要があればですよ。」と最後に
付け加えていました。
さすが、テレ朝。都合のいいように解釈しますね。でも、田原氏に
うまいように誘導された感じにも見えました。
中川氏は酒豪で失敗談も色々とあるようですが、個人的には
ブレない芯のある議員の一人だと思っています。民主党、
また自爆へまっしぐらでしょうか?

投稿: 政治初心者 | 2006年10月16日 (月) 14時42分

中川(酒)政調会長 GJ!
日本には言論の自由が保障されているので、あらゆる場合を想定して国民の平和と安全を議論する責務が政治家にあります。
大いに核武装の議論をしてもらいたい。
ただし、これから核開発しても間に合わないので、核弾頭付の退役軍艦(退役予定のキティホーク、潜水艦、戦艦など)をアメリカから購入して日本海と東シナ海に展開するのがよい。
中国と北朝鮮対象の核ミサイルだったらアメリカもOKするかも。

投稿: 鹿 | 2006年10月16日 (月) 16時23分

北朝鮮のテロに警戒しましょう。
身の回りで、お気づきの点がありましたら
警視庁に連絡しましょう。
警備対策本部(03)3581-4321

投稿: 失礼しました。 | 2006年10月16日 (月) 17時31分

中川政調会長ってBSEの件で小泉内閣時代初めて責任を取って辞任すると言った人でしたね。小泉に猛烈に諭されたみたいだけど。
彼はぶれない政治家として小生は評価していました。
今後も頑張るなら、生涯初めて自民党に票を入れます。勿論公明党をぶった切ってからですが。

投稿: Hatumagodekita | 2006年10月16日 (月) 18時10分

朝日と同じ穴の狢と思われたくない?言論機関のポジションを完全に逸脱してしまった朝日新聞に毎日、読売新聞から苦言!!
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/business/media/23520/

http://www.yomiuri.co.jp/editorial/news/20061015ig91.htm

 これに関しては、毎日新聞、読売新聞、GJ!!(^o^)

投稿: 民草あおい | 2006年10月16日 (月) 18時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118475/3820401

この記事へのトラックバック一覧です: パンドラの箱:

« 造反議員の復党容認 | トップページ | わかりやすい偏向報道⑦ »