« 神風吹く | トップページ | いま、そこにある危機 »

2006年10月10日 (火)

ロボットノムヒョン

どうなの。

日韓首脳会談:北制裁の安保理決議案採択に向け連携

 【ソウル佐藤千矢子、堀山明子】安倍晋三首相は9日午後、青瓦台(大統領官邸)で韓国の盧武鉉(ノムヒョン)大統領と約2時間会談した。両首脳は北朝鮮が核実験を実施したと発表したことについて「断じて容認できない。断固たる措置を取る」との認識で一致した。今後、国連安全保障理事会で経済制裁など厳しい措置を含む決議案採択に向けて連携していくことを確認した。日韓首脳会談は昨年11月以来、11カ月ぶり。

 北朝鮮の核実験について、首相は「安全保障環境が激変した。我々はより危険な新しい核の時代に入った」と指摘。大統領は「南北非核化宣言にも反する。北朝鮮に核兵器を放棄させる必要がある」と応じた。

 両首脳はまた、小泉純一郎前首相の靖国神社参拝問題で冷え込んだ日韓関係を「未来志向」で改善を図ることで一致。歴史認識問題で、首相は日本の過去の植民地支配で多大な損害と苦痛を与えたことに「深い反省」を表明した。靖国問題は中国首脳に述べたのと同様に、参拝するかは言及しないとしたうえで、「政治的困難を克服する観点から、適切に対処する」と説明した。

 大統領が国立追悼施設の検討を求めたのに対し、首相は「慎重に検討している」と答えた。大統領はまた、従軍慰安婦問題への旧日本軍の関与を認めた「河野談話」が「守られてない」と指摘したが、首相は「私の内閣も談話に沿っている」と理解を求めた。

 会談で首相は大統領の訪日を招請。大統領も「適切な時期を選んで行きたい」と応じた。

 盧大統領は会談後の記者会見で、「前提条件(靖国問題)が解決しなければ対話しないというのではなく、対話を通じて参拝しないよう説得する外交方針にした」と説明。そのうえで「参拝が強行されたら、回復の兆しが見えた日韓関係が再び硬直化するのではないか」と語った。

毎日新聞 2006年10月9日 22時37分

このニヤケ面をどう判断しますか?

20061010k0000m010052000p_size6

←安倍首相の深刻さが滲み出た表情と対照的なノムヒョン酋長の脳天気なニヤケ面…

 

 

 

 

 

 

 さすがの韓国もここまできて北朝鮮制裁に動かないわけがないというのが普通の判断だとは思いますが、昨日のノムヒョン大統領会見を見るかぎり、北朝鮮核実験問題は置いといて歴史認識を優先して語るなど、コイツは今回の核実験をあまり深刻に捉えていないとしか思えません。それどころかこの写真を見る限り核実験の成功?を喜んでいるとしか思えない。一晩明けて冷静に考えるとちょっと心配になってきました。

 一応口では「断じて容認できない。断固たる措置を取る」とのたまっていますが、いざ制裁に入ったときに開城工業団地の閉鎖に応じるかどうかは微妙です。結局口だけで影から金正日体制を支えていきそうな感じがします。北の操り酋長、アジアのバランサーはまだまだ健在のようです。

ここにきて再実験の兆しがあるようです。

北朝鮮核実験:追加実験の可能性も 韓国当局

 韓国の聯合ニュースによると、韓国国家情報院の金昇圭院長は9日、非公開の国会情報委員会で、北朝鮮の吉州郡豊渓里に車両や人の異常な動きがあり、追加核実験が行われる可能性もあり注視していると述べた。また、北朝鮮が行ったとみられる核実験の場所は、咸鏡北道金策市上坪里付近と推定されると報告した。

 同委員会に出席した委員の話として伝えた。

 金院長は、上坪里は実験の可能性があるとして当初監視対象にしていたが、特別な兆候がなかったため途中から監視を緩めたという。同院などは今月9日午前の段階で、実験とみられる爆発は上坪里の東約48キロの花台郡舞水端里付近で起きたとしていた。

 また別の委員によると、金院長は「(事前に)核実験が行われると推定されていた豊渓里で、午後3時から30-40人の人間や車両による異常な動きがある」と報告。別の議員は、金院長が「北韓(北朝鮮)が追加核実験を行う可能性は十分と見ている」と述べた、と話した。(共同)

毎日新聞 2006年10月9日 23時32分

 北朝鮮問題は重大な局面を迎えるようです。こいつらに味方することは日本の安全保障に対する重大な障害であり、日米同盟共通の敵です。アジアのバランサーである北の操り酋長、ノムヒョンとその仲間たちにそこまでの覚悟があるのかどうか。これからしっかりと見極めていかねばなりません。

 また、朝鮮人は歴史的に破滅の道を歩むのが好きな民族でもあります。韓国国民もその例外ではなく、今はまだ制裁に対して肯定的な態度を見せているようですが、土壇場に来て民族意識って奴に流されて刃向かってくる可能性は十分あります。

 日本は制裁に対して断固とした強い姿勢をとり続け、“包括的アプローチ”ならぬ“包括的制裁措置”等をちらつかせるなりして韓国が現実から逃避しないように圧力を強めていくことで、酋長の暴走を牽制しつつ、制裁に対する連携を強めていかないとえらいことになりそうです。

 会談終了後の安倍首相の表情を見ても、韓国人の“何か”をつかんだような気がします。これからちょっと痛い目に遭うかも知れませんが、政権の最初に韓国人の何たるかをつかむにはいい機会です。くれぐれも彼の国を過剰に信用せず、警戒を怠らないようにお願いします。

ノムヒョンには警戒を怠るな!と思う方はクリック!(人気blogランキングへ)

 ノムヒョンには北に絶対に核爆弾を落とされないという確証があるのでしょう。だから余裕で笑っていられる。そしてこの土壇場に来ても歴史認識で日本への攻撃をやめないのは“日本への憎悪”という北との連帯意識があるからです。

 日本人もそろそろ韓国を“潜在的敵国”として認識したほうがいいのかもしれません。くだらない民族意識の巻き添え食らって危険にさらされるのは私たちなのです。いい加減目覚めましょうよ。北が滅びるとき道連れにされるのは真っ平ごめんです。

道連れにされるのは真っ平ごめんって方もクリック!(人気blogランキングへ)

※カテゴリーに北朝鮮核実験を追加しました。

|

« 神風吹く | トップページ | いま、そこにある危機 »

コメント

 まったくもってご主張の通りだと思います。
 北朝鮮と韓国は、国こそ違え同じ民族であり、彼らが敵対していようが仲良くしていようが、日本国にとって害であることは変わりはありません。
 さて、外交とは別に、内政においても、韓国や北朝鮮を祖国とする勢力は、「敵視」しなくてはならないでしょう。
 日本国内の在日コリアンが何をやってきたか、何をやっているか、何をやろうとしているか・・・を見れば、かの民族がどれほど害毒を有するものかわかろうというものです。
 世界中でその害毒を流しておりますよ、朝鮮民族は。多少なりとも押さえ込んでいるのは、歴史的宗主国である中国くらいでしょう。
 今、在日コリアンの政党が日本国与党に列しており、外国人への参政権付与法案通過によって、帰化していない仲間を日本国の政治に引き入れる手引きをしております。安倍政権ではそんなことはないと思いますが、安全なうちに、この在日政党とその支持団体は、朝鮮総連、民潭ともども滅ぼしておきたいところです。
 まずは、北朝鮮の核実験を契機として、朝鮮総連の解体でしょうね。

投稿: ジョー | 2006年10月10日 (火) 14時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118475/3754206

この記事へのトラックバック一覧です: ロボットノムヒョン:

» 北朝鮮 核実験強行 [王様の耳はロバの耳]
北朝鮮、連続核実験の可能性も…韓国情報機関筋(読売新聞) - goo ニュース まあ 嫌な話ですね! {/kaeru_shock1/} 爺と早大重村教授の予測に反して「はやばやと北朝鮮が核実験を強行」してしまいました わはははは {/hiyo_shock1/} 昨日の午後からTV各社は特番を組んで「北の核実験強行」を流しています 中ロ始め止め男ならぬ止め役の「仲介案」を待つまでも無く実験を強行したのですから後は「北側にもう一手」ないと北�... [続きを読む]

受信: 2006年10月10日 (火) 11時25分

» 戦慄のハメッコ秋(2) [紅りんごの詩]
あ〜あ〜、とうとうやっちゃった! 書いてるそばから、北の金さん、「空飛ぶ赤豚」と [続きを読む]

受信: 2006年10月10日 (火) 11時27分

» 即刻の平壌宣言の破棄と完全封鎖をやるべきです [もののふのこころ]
どうも、一週間ぶりの更新になります。 ついに北が最後... [続きを読む]

受信: 2006年10月10日 (火) 12時38分

« 神風吹く | トップページ | いま、そこにある危機 »