« 北朝鮮に金融制裁発動 | トップページ | 偏向・捏造・朝日新聞 »

2006年9月15日 (金)

1000年属国根性

中国様には逆らえない人々。

【離於島】中国側の動きは対日交渉の布石?

 14日、中国が離於島海域における韓国の排他的利用権を問題視したことについて、国際海洋法の専門家らは「領土問題ではないが、中国が公式にこの問題を提起した背景に注目しなければならない」と語った。

◆独島(日本名竹島)とは異なる 

 離於島は水面下にある暗礁であるため、国際法上の島ではない。独島のように周辺12カイリ(247キロ)を不可侵の領海としたり、排他的経済水域(EEZ)の基準点としたりすることはできないというのが専門家らの指摘だ。中国外交部スポークスマンも「領土問題ではない」と述べている。

 韓国政府の当局者も、離於島に韓国側が海洋基地を建設したことについて、「EEZの起点にすることを狙ったものではない。海洋探査や海難者の救助などのために建設したものだ」としている。

◆日本との交渉を念頭に置いた模様 

 離於島海洋基地に対し、中国政府は2000年から外交ラインなどを通じて抗議をしたことがある。だが、記者の質問に答える形式ではあるものの、中国外交部が正式に問題提起したのは今回が初めてだ。

 韓国政府の関係者は「中国は離於島海域以外にもさらに大きな利害関係がある海域をめぐり、日本と交渉を行っている。(離於島海域だけでなく、中国外交の)全体図からこの問題を判断しなければならない」と指摘した。現在、中国は離於島隣接海域でガス田の開発問題をめぐり、日本と摩擦を引き起こしている。

 海洋水産研究院センター長のチョン・ガプヨン氏は「日本との交渉を念頭に置き、わざと韓国に対して強硬に出たとみることもできる」と語った。

◆海洋資源確保総力戦の一環 

 離於島周辺海域は大陸棚になっており、海洋資源が豊富なことも理由の一つであるとみられる。国際法上、両国を隔てる海がそれぞれ200カイリ(370キロ)ずつEEZを設定できるほど広くない場合、両国の中間線を基準とするのが通例であり、韓国政府も同様の立場をとっている。しかし、中国は「中国側の海岸線が最も長く、人口も多い」とし、単純な中間線での線引きを拒否している。

 釜山大の朴賛鎬(パク・チャンホ)教授(海洋法)は「中国がEEZの起点としている島には、国際法上の“島”とは言い難い岩礁も少なくない。中国も海洋資源を確保するため総力戦を繰り広げているようだ」と語った。

 ほかの専門家も「離於島自体に関心があるというよりは、南シナ海の東沙群島、西沙群島、南沙群島、中沙群島などに対する領有権争いに備え、あらかじめ先例を作っておこうとしているようにみえる」と語った。

安容均(アン・ヨンギュン)記者

2006/09/15 10:49 朝鮮日報

 米中という二つの大国にはさまれた韓国ならば、一方の影響力が弱まれば、もう一方の影響力が強まるのは自明の利なのですが、今までやさしくしてくれた中共の豹変ぶりを、かわいそうなことに韓国ちゃんはまだちゃんと理解できていないようです。中共とまがいなりにも対等に付き合えたのは米国の後ろ盾あったからなんてことは、今まで考えて見たこともないようです。御馬鹿としかいいようがありません

 米国に統帥権問題で散々駄々こねて見捨てられ、おまけに戦後賠償として十分すぎるほど補償を受けて散々面倒見てもらった日本にも、竹島や歴史認識で散々駄々こねて見捨てられつつあり、挙句の果てに尻尾振って近づいた中共に飲み込まれそうになっている現実をまるで受け入れようとしない朝鮮日報の記事を見ていると、ものすごく哀れに見えてきます。

 日本に対して、竹島饅頭一つでも作れば猛然と抗議する自称知識人達も中共に対しては“「中国がEEZの起点としている島には、国際法上の“島”とは言い難い岩礁も少なくない。中国も海洋資源を確保するため総力戦を繰り広げているようだ」”“「離於島自体に関心があるというよりは、南シナ海の東沙群島、西沙群島、南沙群島、中沙群島などに対する領有権争いに備え、あらかじめ先例を作っておこうとしているようにみえる」”等と、まるで他人事のように語っています。

 まず手始めに自分たちが狙われているという現実をなぜ受け入れようとしないのか不思議でしょうがありませんが、韓国の1000年属国という歴史を鑑みればこれが自然な姿なのかもしれません。

 韓国の自主独立という夢は儚いままで終わりそうですね。

収まるところに収まったなと思う方はクリック!

200609140000611insert_1 ←ノムヒョンは中共の科学技術の粋を集めたロボットかもしれませんね。

|

« 北朝鮮に金融制裁発動 | トップページ | 偏向・捏造・朝日新聞 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118475/3452501

この記事へのトラックバック一覧です: 1000年属国根性:

« 北朝鮮に金融制裁発動 | トップページ | 偏向・捏造・朝日新聞 »