« 理念無き野合 | トップページ | 日韓首脳会談の必要性 »

2006年9月 4日 (月)

日中関係正常化の障害

60過ぎたから、毎年やるのかな。

「抗日戦争勝利」中国で61周年記念式典

 中国の「抗日戦争勝利記念日」にあたる3日、北京郊外の盧溝橋にある人民抗日戦争記念館で61周年記念式典があった。国営新華社通信によると、退役軍人や戦死者の遺族、共産党関係者ら約500人が参加。これに先立ち同通信は2日、論文を発表し、「日本の一握の極右分子」が侵略行為を美化しようとしている、などと批判した。

 論文は「どれだけ多くの日本の政府要人が戦犯に繰り返し参拝」しても、戦争で日本側が犯した「罪悪」は消し去ることができないと指摘。名指しは避けつつ、A級戦犯が合祀(ごうし)されている靖国神社に日本の要人が参拝することを批判した。

2006年09月03日22時19分 朝日新聞

 さすがに61周年となると、ネタ切れ感が漂いますね。式典もさぞかし白けたムードだったことでしょう。

 もちろん、日本がいつ中共に負けたのか?という素朴な疑問もありますが、中共としては日本の首相が外圧に屈しなくなった現在、金にならない抗日なんて国内向けだけにしたいんでしょうね。

日中首脳会談、「安倍首相」で年内実現可能・町村氏

 自民党森派の町村信孝事務総長(前外相)は3日のフジテレビ番組などで、安倍晋三官房長官が首相に就任した場合の日中首脳会談について「年内に実現する可能性は十分ある」との見方を示した。11月にベトナムで開かれるアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議での設定を念頭に置いたものとみられる。

 また安倍氏が政権構想で靖国神社参拝問題に触れていないことに関し「一つのやり方だ。靖国問題で白黒つけなければ、どうにもならないというほど日中関係は単純ではない」と擁護した。

 谷垣禎一財務相が党総裁選で消費税率の最低10%への引き上げを訴え、安倍氏との対決色を強めていることに対しては「そこまで言うなら7月の骨太方針を決めた時に決然と財務相の職を辞するべきだった。あれだけの議論をやった時から言うべきだった」と批判した。

〔共同〕 (16:42) 日経新聞

 安倍官房長官が靖国参拝に触れず、政治問題化しない立場をとっている今が、中共としては何事もなかったように首脳会談を行えるチャンスなのですが、気持ち悪いぐらいのしつこさで靖国参拝を追求する空気の読めないマスコミどもが邪魔をする。

 いい加減、日中関係正常化の一番の障害が自分たであることに気がついてもらいたいものですネェ。

ちょっと黙ってろと思う方はクリック!(人気blogランキングへ)

|

« 理念無き野合 | トップページ | 日韓首脳会談の必要性 »

コメント

>「抗日戦争勝利記念日」ねえ。

どうしても自国の歴史を歪曲しても美化したいんでしょうね。

毛沢東???
蒋介石って誰だっけ???

投稿: 通りすがり | 2006年9月 4日 (月) 12時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118475/3310838

この記事へのトラックバック一覧です: 日中関係正常化の障害:

« 理念無き野合 | トップページ | 日韓首脳会談の必要性 »