« 41年ぶりの皇位継承資格者 | トップページ | “悪意ある報告書”を破棄せよ »

2006年9月 6日 (水)

歴史歪曲の二大巨頭

中国の南北朝鮮併合への準備でしょうか。

中国社会科学院、韓国古代史歪曲論文を大量発表

中国社会科学院の中国辺疆史地研究中心(辺疆研究中心)が、高朝鮮から渤海までの古代史を、自国の歴史に歪曲した論文を大量に発表した。

中国政府の認識をそのまま反映する社会科学院が、韓民族の古代史を根こそぎ中国歴史だと、公式の研究成果として公表したのは初めてのこと。

これは歴史問題での摩擦を解消するため、2004年に韓中両国が交わした「口頭了解」を違反したものだ。

このため、韓中両国間で歴史認識をめぐる葛藤が再燃するものとみられる。

社会科学院は昨年9月、辺疆研究中心のホームページに発表したこれらの論文を、少なくとも年末までに正式出版する予定であるという。辺疆研究中心がホームページに発表したは、研究が完了した27編のうち18編で、いずれも要約版だ。

論文は、いずれも高朝鮮から渤海まで歴史が一脈相通じる韓民族の歴史ではなく、古代中国の地方民族政権の歴史で、中国歴史だと主張している。とくに渤海については、中国唐王朝が直接監督した郡地域に過ぎないと記述している。

張碧波研究員は「箕子と箕子朝鮮」という題下の論文で、「箕子を殷代の甲骨文字と前秦の記録から確認することができる」とし、「かれが韓半島に最初の地方政権を建てた」と主張した。韓国学界では箕子の存在自体が否定されている。

焦潤明研究員は論文「国際法と中国-北朝鮮の国境線問題論争」で、「そもそも漢江北部までが中国領土だったが、新羅や百済などの侵奪で領土を失った」と主張した。

魏国忠研究員が書いた「渤海国史」は、「渤海建国の主導勢力は高句麗人だけでなく靺鞨(まっかつ)族で、渤海の建国者大祚榮は渤海初期に靺鞨を正式国号に採択した」と主張した。

高句麗研究会のソ・ギルス理事長(ソギョン大教授)は、「論文の内容は東北工程を始めたときから出ていたもので、新しいことではない。しかし中国政府が、これを社会科学院の公式研究成果として認めて発表したという点で、鋭意注視するべきだろう」と話した。

SEPTEMBER 06, 2006 07:01 東亜日報

 中国と韓国という、歴史歪曲および捏造における二大巨頭の争いとなっていますが、そもそも歴史的事実に対して、その解釈が問題になったとしても、それが国家間の領土争いの根拠になるのは特定アジアのみです。中国-北朝鮮との国境紛争の中で、かつて新羅や百済の侵奪で奪われた領土だから今返せという理論は噴飯ものです。

 しかしながら、自国のトンデモ歴史認識でも認めさせれば相手国を屈服させることができると思っている歴史捏造大国同士の争いとなるとそうとも言ってられません。相手の正当性を認める=属国への近道となれば、歴史を歪曲したり捏造したりするのに必死になるというのも理解できます。

 いままで中・韓はそうやって日本への優位性を確保してきました。その理論でこのままエスカレートしていけば、元寇で一時的に対馬を占領したから韓国領、日本は聖徳太子以前は朝貢してたから中国領となりかねません。“そんな馬鹿な”と思われるかもしれませんが、その可能性をキッパリ否定できないところがこの両国の恐ろしいところです。

 何かと遠慮しがちな日本人ですが、こういった歴史の歪曲・捏造に関しては猛然と抗議していかねばなりません。別に相手に間違いを認めさせる必要はありません。“日本の認識はこうだから認められない。断固抗議する”と伝えればいいのです。何も恐れることはありません。特定アジア以外は日本の味方なのですから。

 そう考えるとまた、世界で孤立する中・韓の必死も少しは理解できるというものですね。

歴史捏造に猛然と抗議せよ!と思う方はクリック!(人気blogランキングへ)

|

« 41年ぶりの皇位継承資格者 | トップページ | “悪意ある報告書”を破棄せよ »

コメント

いや~、その通りですよ・・・。
韓国・がんばって日本相手にする時ぐらいにやってくれないかなぁ・・。
もっとも・・まぁ・・無理だと思いますが・・・。
しょせん朝鮮は、中国のペット程度でしかないですからねぇ・・。(苦笑

投稿: Asid | 2006年9月 6日 (水) 13時24分

「高朝鮮」ではなく「高句麗」でしょう。
ところで、「親日派のための弁明2」キム・ワンソプ著によれば、朝鮮半島には歴代30人を超える高麗皇帝の墓が一つもなく、これらはすべて中国大陸にある。
高麗太祖・王健の墓は中国の四川省にあり、エジプトのピラミッドとほぼ同じ規模の雄大な王陵で、有名な観光地となっている。
このように、新羅と高麗は朝鮮半島とはあまり縁のない大陸の諸侯国であったと考えられるとあり、これが事実ならば中国の主張は正しいようだ。

投稿: 鹿 | 2006年9月 7日 (木) 09時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118475/3340853

この記事へのトラックバック一覧です: 歴史歪曲の二大巨頭:

« 41年ぶりの皇位継承資格者 | トップページ | “悪意ある報告書”を破棄せよ »