« 平和の好きな中共 | トップページ | 首相補佐官人事 »

2006年9月26日 (火)

なりすまし脱北者

脱北者の受け入れは慎重にしたほうがよさそうですね。

脱北者、6万人分のヒロポン密輸容疑で拘束

 ソウル中央地方検察庁麻薬組織犯罪捜査部は24日、中国丹東からインチョン港を通じてヒロポン1.8kgを持ち込み流通させようとした容疑で、ユ某容疑者(46)など脱北者4人の身柄を拘束・起訴し、ヒロポンを全て押収したと発表した。

 検察は「今回押収した1.8kgは、1回の平均投与分(0.03g)から計算すると、6万人が一度に投与できる量」と説明した。

 ユ容疑者は今月7日、同棲中のペ容疑者(21)を行商人として中国丹東に送り、現地で麻薬密売人のパク某氏からヒロポン1.8kgを受け取らせ、インチョン港から密輸入しようとした容疑がある。検察によると、麻薬密売人のパク氏は北朝鮮の新義州に住む人物とされているが、パク氏が取扱っているヒロポンが北朝鮮産かどうかは確認されていないという。

 検察はまた、中国産のヒロポン530gを韓国内に持ち込んだ後、これをグアムに送った容疑でチェ某容疑者(54)とイ某容疑者(35)も拘束・起訴した。

チャン・サンジン記者

2006/09/25 17:30 朝鮮日報

 なりすまし脱北者を利用した北朝鮮の麻薬密売ルートがあるなんてことは、金正日体制を考慮すれば、当たり前といえば当たり前です。

 今後日本も経済制裁など、北朝鮮への圧力を強めると思われますが、それに伴う脱北者の受け入れには慎重になったほうがよさそうです。少なくとも、なりすましを警戒し監視を強化する必要があります。場合によっては難民を隔離する等の対策もやむをえないでしょう。

 なにはともあれ、脱北者の受け入れに関しては、日本国民の安全を第一に考えていただきたいものです。

 もちろん、北朝鮮の出先機関である朝鮮総連と民団への圧力と監視も強める必要がありますね。北朝鮮のスパイにこれ以上好き勝手やらせる必要はありません。

なりすましを排除せよ!と思う方はクリック!(人気blogランキングへ)

以下独り言

 今日の夜には安倍内閣が発足しますが、昨日まで各新聞社サイトを賑わせていた人事予想がほとんど見られないのが笑えます。よっぽど昨日の三役人事が意外だったのでしょう。

 それだけ、外部の圧力に左右されない人事だったと言える訳で、今日の組閣発表が楽しみになってきました。夜を楽しみに待ちましょう。

|

« 平和の好きな中共 | トップページ | 首相補佐官人事 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118475/3588301

この記事へのトラックバック一覧です: なりすまし脱北者:

« 平和の好きな中共 | トップページ | 首相補佐官人事 »