« 2つの公聴会 | トップページ | 民主党の対案は自民党の反対なのだ »

2006年9月18日 (月)

報復措置は嫌がらせ

報復措置が嫌がらせとは恐れ入りました。

中国と日本、「食品衛生戦争」勃発

 中国と日本の双方が、輸入した相手国の食品に問題があるとし、「食品衛生戦争」を繰り広げている。

 中国の国家質量監督検験検疫総局は最近、日本産の化粧品から禁止されている重金属が検出されたとし、日本製化粧品に対する検査強化を指示したと中国のマスコミらが17日、報じた。

 化粧品だけが問題になったのではない。深セン検査検疫局は今年6月、日本から輸入された魚の内臓から中国の国家基準の17.3倍を超える酢酸の成分が検出されたと発表した。続いて広東、山東、遼寧などの各地方の検査検疫局が、茶葉、ケーキ、コーヒーなどの日本製食品から基準を超える重金属や二酸化硫黄などが検出されたと相次いで発表した。

 こうした中国の日本食品に対する攻撃は、日本が今年5月に輸入食品の検疫を大幅に強化した制度を導入したことによって始まった。日本はその後、中国産のエンドウ豆、落花生、冷凍キクラゲなどから基準を超える残留農薬が検出されたとし、輸入禁止措置を下した。また、中国産のウナギから殺虫剤の成分が検出されたと発表したこともある。

北京=チョ・ジュンシク特派員

2006/09/18 08:40 朝鮮日報

 日本のポジティブリスト制度ってのは、今まで国内基準にない農薬がノーチェックだったものを、残留する可能性のある農薬すべてに基準値を設けた制度で、輸入品にはもちろん、国内農産物すべてに適用されています。

 だから、中国の農産物も日本の農産物も同じ基準でチェックしているわけで、中国から輸入した食物のみに問題があるとしたわけではなく、実際に日本の農作物でもチェックに引っかかったものも一件ほどあります(農薬の使用量を間違えた)。

 この事実からいっても中国の報復はすべてでっち上げということは明らかで、それもきわめて悪質といわねばなりません。重金属が検出されたって?二酸化硫黄?なにそれってなもんです。そんなもんはいってるわけねぇだろ。まぁ、どちらも環境汚染大国中国には普通に存在するものなので、混入した可能性は否定しませんがね。

 これを「食品衛生戦争勃発」などとする朝鮮日報は事実誤認もいいところです。双方問題があるのではない。中共にのみ問題があるのだよ。君らのところも十分不衛生だから気をつけたほうがいいね。

 自国の農作物の安全性に問題があり、輸出先の基準に満たないものであれば、基準を満たすものになるよう努力するのが普通なのですが、中共の場合は自国の基準が低すぎて輸出が出来ないのならば、相手国の輸入品の不備をでっち上げ、圧力をかけて自分の主張を無理やり通すのが普通と考えているようです。

 21世紀の経済大国だかなんだか知りませんが、こんな思い上がりの激しいふざけた国とは即刻縁を切るのが上策なようですね。

 日本は“売らない買わない関わらない”「3無い運動」で対抗するべし。

「3無い運動」に賛同する方はクリック!(人気blogランキングへ)

|

« 2つの公聴会 | トップページ | 民主党の対案は自民党の反対なのだ »

コメント

支那野菜どんなに安くてもは購入をしない。
加工食品が問題。冷凍食品、ベビーフードの多くはチャンコロ製造元と聞く。これは見分けがつかないから出来るだけ買わない。製造元を表示するように官邸には提案はしましたが。配偶者が冷凍食品が好きで購入していたが、最近小生の提案で購入しなくなった。
又牛肉は輸入国産含めて購入全面ストップ。豚がおいしいです。

投稿: Hatumagodekita | 2006年9月18日 (月) 18時58分

続き
チャンコロ女性は素顔が綺麗ですから、化粧品は要らないと思います。少し嘲笑。

投稿: Hatumagodekita | 2006年9月18日 (月) 19時01分

今回、中共のつるし上げに遭っているSK-Ⅱですが、日本マックスファクターはウェッブサイト( http://www.sk2.com/jp/info/index.jhtml )で

2006年9月15日
当社では、SK-IIのすべての製品において、今回、中国で報道された成分を原材料として配合しておりません。
当社では、製品の品質と安全性をもっとも重視しており、すべてのSK-II製品においても、その開発・製造において、厳格な安全性試験を行ったうえで販売しております。
また、中国への輸出においても、当社での品質検査はもとより、中国の輸出入管理当局で承認を得たものが市場に出荷されており、安全性上の問題はないと確信しております。
当社では、なぜ今回のような報道があったのか、今後、中国当局と協力のうえ早急に事実確認を進めるとともに、今後の対応を検討してまいります。

と発表しております。
このマックスファクターの悲鳴にも似た発表をマスメディアは積極的に取り上げておりません。
皆さん、ネットで騒ぎ立てましょう!

中共には「売らない」「買わない」「触らせない」の3原則です。

投稿: 中国より | 2006年9月18日 (月) 20時05分

18日付の新華社web判の記事に、SK-Ⅱの偽ブランド販売疑惑がでてます。通常の3割で偽者を仕入れて、市価の6割で売っていたそうですね。そうなると、市場には偽者が大量に出回っていたと思われ、検査に引っかかったのも偽者である可能性が高い。
今回の出来事は、いわゆる飛ばしって奴で、事実関係をわざと誤認してダメージを与える汚いやり方です。数日後に打ち消し記事が出ると思われますが、マックスファクターの損害は補償されることはないでしょう。
商道徳の欠片も感じられないこの事件ですが、これを国家ぐるみでやってくるから始末に終えません。
やっぱり3無い運動を推進するしか手はなさそうですね。

投稿: takayuu@管理人 | 2006年9月19日 (火) 00時02分

中川農相がいる間は大丈夫だが、特アに優しい農相就任(公明党、二階など)すると農薬基準緩和になる可能性があり心配。 安倍さんよろしく。

投稿: 鹿 | 2006年9月19日 (火) 08時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118475/3488542

この記事へのトラックバック一覧です: 報復措置は嫌がらせ:

« 2つの公聴会 | トップページ | 民主党の対案は自民党の反対なのだ »