« 中国人≠三国人にあらず | トップページ | 2つの公聴会 »

2006年9月18日 (月)

恥を知らない朝日新聞

何でそうなるの。

首相、人気の源泉「ぶら下がり」半減 安倍氏の試金石に

 前例のないメディア露出で高い支持率を保った小泉首相。その力の源泉の一つが、記者団による1日2回の「ぶら下がり」取材だった。ところが、退任が迫った首相はこの機会を急に1回に減らした。後継に目される安倍官房長官の負担を軽くする「配慮」との見方が広がっている。安倍氏が自らの肉声で説明する機会を減らせば、国民の支持に影響が出かねない。その対応ぶりは新政権の試金石となる。

 「同じ質問ばかりだから。2回は無意味じゃないかと思った」。首相は14日、回数を減らした理由を、そう説明した。

 1日2回のぶら下がりは小泉政権になって、首相側と内閣記者会の合意で始まった。午前はカメラなし、午後はカメラが入る。歴代首相は歩きながら質問に答えたが、テレビカメラの前で話す機会は年数回だけだった。首相の肉声が伝わる機会は小泉政権で急増した。02年11月発行のメールマガジンで首相は「ぶら下がり」について「官邸と皆さんをじかにつなぐ重要な機会だと思っています」と強調していた。

 ところが、今年7月、首相は「1日1回に」と事務秘書官を通じて、朝日新聞社などが加盟する内閣記者会に通告。記者会は「一方的な変更で認められない」と文書で抗議したが、ぶら下がりは1日1回が続いている。

 急に減らした理由について、官邸スタッフからは「安倍政権への地ならし」との声が出る。安倍氏は官房長官としての会見で、官僚が作った応答要領に頼ることが多い。記者団の質問に即答する小泉首相並みの「瞬発力」は期待できないのではないか――。そういう見方が定着しつつある。

 安倍氏の周辺も「内閣広報官が24時間体制で広報できるのなら、首相のぶら下がりは1日1回になるだろう」と話す。

 15日の公開討論会で安倍氏は官邸の広報機能の強化を説いた。だが、その役を担うのは首相ではなく内閣広報官だ。安倍氏は内閣広報官を首相主導で人事を決める政治任用としたうえで、主要な会議に同席させ、首相との打ち合わせの機会も増やす考え。米大統領報道官のような役割を持たせることを検討している。

 ただ、後継争いを独走する安倍氏の支えも国民的人気の高さ。説明責任に背を向ける印象を与えてしまえば、民意の支持はつかめない。「組織力」に頼る安倍氏の戦略が実を結ぶかは不透明だ。

    ◇

 〈蒲島郁夫・東大教授(政治学)の話〉 小泉首相はぶら下がりでテレビなどを通じ国民に生のメッセージを送り、高い支持率を維持した。当意即妙のやりとりで国民を引きつけることに成功した。しかし、ぶら下がりはもろ刃の剣だ。リターンもあるがリスクも当然ある。一瞬のやりとりで失敗すれば、世論の支持を失う。安倍さんが自分の能力に自信があれば小泉流の手法を踏襲するだろう。なければ、やらない選択肢もある。だが、組織的な力を失った自民党は無党派を引きつけるメディア戦略がないと、選挙に勝てない構造になっている。

2006年09月17日10時06分 朝日新聞

 まさにトンデモ理論のオンパレードです。

 “前例のないメディア露出で高い支持率を保った小泉首相”“源泉の一つが、記者団による1日2回の「ぶら下がり」取材だった”だって!?

 はぁ?小泉首相はお前らサヨクマスコミから前例のないほどの悪質なバッシングを受けたにもかかわらず、国民の支持率が歴代第2位を記録したのは、改革を断行し日本経済再生への道筋をつけ、党内においては派閥を破壊し老害を排除。土下座外交が繰り返されてきた特アに対しては、はっきり「NO」を突きつけ、8月15日の靖国参拝を断行し、やつらの度重なる内政干渉を粉砕した等、今まで誰にもやれなかったことをやってきたからだ。

 それを小泉首相の度重なるメディア批判を揉み消し、ぶら下がり取材ではしつこいくらいに靖国関連の質問を繰り返して一日一回に減らされ、それだけでは飽きたらず取材内容を悪質に編集して偏向報道をおこなった挙句、ぶら下がり取材を首相官邸HPに全文公開されて面子丸つぶれの朝日新聞が、よくまぁ恥ずかしくもなくこんなことを書けたもんです。そんな新聞社のために次期首相がこんな意味のないぶら下がり取材なんぞ増やす必要がありますか?あるわけないですね。出入り禁止にしてもいいくらいだ。

 組織的な力を失った自民党は無党派を引きつけるメディア戦略がないと、選挙に勝てない構造”ってなんですか?思い上がるのもいい加減にしろ。お前らが偏向も捏造もしないで、キチンともらさず国民が必要としている記事を書いてくれたらそれで済むことだろ。それをいちいち俺達に逆らうと選挙に負けるぞ”的に書くのはどうかと思うよ。無党派層を馬鹿にしているとしか思えない。いや、本当は購読者すべてを馬鹿にしているのだろう。じゃないとこんなことが書けるわけがない。

 在職中は小泉首相のやることなら何でも反対して足を引っ張った癖に、支持率を下げるどころか逆に上げたままで引退すると、今度はその人気は俺達のおかげだとのたまう朝日新聞は、もういい加減にした方がいいと思うよ。見ていてこっちが恥ずかしいくなってくる。日本人なら恥を知れ

朝日新聞は恥を知れと思う方はクリック!(人気blogランキングへ)

|

« 中国人≠三国人にあらず | トップページ | 2つの公聴会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118475/3480798

この記事へのトラックバック一覧です: 恥を知らない朝日新聞:

» 新庄、藤原紀香、自民党は能無しか。 [日本大改造〜立ち上がれ日本人〜]
自民党が新庄や藤原紀香に出馬を要請している事が分かった。 一体なんのつもりだ自民党。 イメージアップのためだけに国会議員というのはやっていいのか? お笑い芸人やプロレスラーが議員になったこともあった。 彼等に... [続きを読む]

受信: 2006年9月18日 (月) 11時36分

» 猿でも書けるメールマガジン [無料レポート館]
メールマガジンで月間200件超の資料請求者を集めた手法を大公開!何を書いたらいいの?どう書いたらいいの?そんなあなたもこれさえ読めばすぐにメールマガジンを発行できます。 [続きを読む]

受信: 2006年10月 2日 (月) 11時24分

« 中国人≠三国人にあらず | トップページ | 2つの公聴会 »