« 麻生太郎の家庭内外交 | トップページ | 日本史教育の変化 »

2006年9月 1日 (金)

地方選挙に行こう

草莽崛起-PRIDE OF JAPANさんの本日付エントリー「地方議会がおかしい」を読んで思ったのですが、やはり、こういった地方議員をのさばらせてしまっているのは、有権者の側により大きな問題があると思います。恥ずかしながら、私も選挙権を持って十数年経ちますが、一度も地方選挙に投票したことはありません。また、国政選挙についても前々回の衆議院議員選挙に投票したのが初めてです

年々低下する統一地方選挙の投票率↓

統一地方選挙における投票率の推移(出典 明るい選挙推進協会)

Graph03_2  

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

その結果、こういった問題議員が地方議会にのさばり続けています。

パソコン不法投棄、データ復活で判明 逗子市議書類送検

 パソコンを横浜市内の公園に捨てたとして、神奈川県警生活経済課は1日、逗子市の関口正男逗子市議(43)を廃棄物処理法違反(不法投棄)の疑いで書類送検した。県警によると、ハードディスクの情報は消されていたが、復活ソフトを使ってデータを復元したところ、選挙用のプロフィルなどが見つかり、関口市議のものと判明したという。

 調べでは、関口市議は4月10日午後3時ごろ、横浜市栄区上郷町の市民ふれあいの里の施設内に、パソコン4台(計約34キロ)を捨てた疑い。「正規の業者で処分しようとしたが、めんどうくさくなった」などと供述しているという。

 関口市議は98年の市議選で初当選、現在3期目。議会でただ1人の社民党市議で、選挙公報には「平和と環境を守りさわやかな街へ」と書いていた。

 03年10月の資源有効利用促進法施行後、廃棄パソコンはメーカーによる回収・再資源化が義務づけられた。法施行前に購入したパソコンは有料廃棄で、パソコン本体で通常3150円かかる。

2006年09月01日18時40分 朝日新聞

 この議員のどこに志があるのでしょうか。

 小泉政権を経てよくわかったことは、政治は選挙によってしか変わらないということです。当たり前のことですが、私はずっと誤解していました。

 テレビや新聞を見て、マスコミやコメンテーターに不満を代弁させたつもりになっているだけでは何も変わらない。こういった問題議員は日本国民が政治に興味を持ち、投票に行くことを一番恐れているのです。

 私の住む地方にも志を持って孤軍奮闘している地方議員の方がきっといるはずです。国政を変え、日本を変える為に、まずは地元の地方議員の中で応援したい方を1人見つけることから始めたいと思います。

地方選挙に投票に行く方はクリック!(人気blogランキングへ)

|

« 麻生太郎の家庭内外交 | トップページ | 日本史教育の変化 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118475/3284220

この記事へのトラックバック一覧です: 地方選挙に行こう:

» 今度の選挙はここだ [イプサム]
9月3日投票 松原市議会議員選挙(大阪府)  交野市長選挙(大阪府)  交野市議会議員補欠選挙(大阪府) 井原市長選挙(岡山県)  球磨村長選挙(熊本県)  南城市議会議員選挙(沖縄県)  八重瀬町議会議員選挙(沖縄県)  本部町長選挙(沖縄県)  あなたやあなたの知り合いがいれば、 本人確認を厳格にするよう言ってみよう。 だいたいねえ選管が「入場整理券を紛失してもいいですよ」 なんて説明する事自体が、おかしいぞ! 郵便小包なんか、つまらんもんでも取りに行ったら、...... [続きを読む]

受信: 2006年9月 1日 (金) 22時55分

» 密室協議で進められる人権擁護法案--現実の問題をみようとしない与党人権懇 [なめ猫♪]
 今朝の産経新聞のコラム「産経抄」で人権擁護法案が取り上げられていました。  何をコソコソ隠す必要があるのだろう。自民党と公明党の議員でつくる「与党人権問題懇話会」のメンバーがおととい、議員会館の一室に集ま... [続きを読む]

受信: 2006年9月 2日 (土) 00時10分

« 麻生太郎の家庭内外交 | トップページ | 日本史教育の変化 »