« 馬鹿は死ななきゃ直らない | トップページ | 自民党総裁選結果 »

2006年9月20日 (水)

小泉首相の5年間

小泉首相5年間の総括

派閥政治と官僚主導体制を破壊した小泉首相

 今月26日に退任する小泉純一郎首相は、退任を前に実施された各種世論調査で、依然として50%以上の高い支持を得ている。就任当初は「変人」といわれ、自民党内の基盤も弱かった人物が、戦後3番目の長期政権を担い、後継者を指名するまでになったのは、驚異的だと評価されている。戦後1、2番目の長期政権だった佐藤栄作、吉田茂両元首相が最後は政権を追われるような形で退陣したのとは対照的だ。

 米国の『タイム』誌の最新号は「彼は国民を政治の世界に引き込んだ。これは前例のないことだ」と評した。また、コロンビア大学のジェラルド・カーティス教授は「日本国民が国の将来を楽観的に考えるようになり、若者が政治に関心を持つようになったことは、すべて彼のリーダーシップの賜物だ」と評価した。

 日本では1990年代、首相が8人も代わった。この時期の日本経済を指す「失われた10年」という言葉は、日本政界にも通用するものだった。時代は間違いなく、「小泉的」なリーダーを求めていたのだ。小泉首相が就任後に改革に着手したのは、その大部分が日本政界に古くからあった課題だった。

 小泉首相は「自民党をぶっ壊す」という公約通り、談合・金権政治の温床となっていた派閥を無力化した。無駄な公共事業に膨大な税金をつぎ込んできた「自民党式」の慣習をやめさせ、既得権益にしがみつく勢力と中央官僚を弱体化させた。反対勢力には「抵抗勢力」のレッテルを貼り、第一の公約とした郵政民営化に反対した議員らを除名するなど、首相主導」の政策決定に成功した。また、内閣を「自民党内閣」ではなく、首相がトップダウン方式で主導する新たな政治集団に変えていった。

 こうしたさまざまな改革を可能にせしめた「小泉権力」の源泉は一体どこにあったのか。

 これまで、小泉首相特有の政治手法や政治的資質に注目する機会が多かった。一日も欠かさずにテレビカメラの前に姿を表わし、二言三言の簡潔かつ明快なコメントで、政治の争点を分かりやすく説明する小泉首相の独特の政治スタイルは「劇場型政治」という新語を生み出した。利益団体が反発し、一般の国民が必ずしも支持していない政策を実現させ、爆発的な人気を得てきた。

 このような政治手法が、首相として力を発揮するのに寄与してきたのは間違いないことだが、1990年代以降、日本の政治の枠組みが大きく変わったことも注目しなければならないとの指摘がある。

 小泉首相が登場する前、日本の政界には2度の大きな改革があった。まず、1994年の小選挙区制の導入により、自民党の総裁としての首相の権限(公認権、政治資金の配分)が強化され、そして2000年には首相官邸の機能強化と行政改革が行われた。特に行政改革は、首相の権力基盤を強化し、行政機構を一変させた。首相が政策決定を主導できる条件が整ったところに、運良く小泉首相が登場したというわけだ。

 もちろん、その好条件を100%活用できたのは、小泉首相の実力によるところが大きい。昨年9月の衆議院総選挙で、郵政民営化に反対した議員の選挙区に「刺客」候補を送り込んだのは、首相の権力が強化されたことを示す端的な例といえる。政策研究大学院大学の竹中治堅教授は、このように首相の権力が強化された政治体制を「2001年体制」と名付け、これが今後も続いて、日本に根づいていくだろうという見方を示した。

2006/09/19 12:11 朝鮮日報

 小泉首相の最大の功績は、“日本国民が国の将来を楽観的に考えるようになり、若者が政治に関心を持つようになった”ことだと思います。

 私も小泉首相が就任する以前には政治にまったく興味は無く、日本の将来に対してどこか悲観的でした。しかし今では多少なりとも政治に興味があり、日本の将来に対しても少なからず期待しています。

 現に会社の業績のほうも毎年好転し、2001年には倒産しかけてゼロ支給だったボーナスも、今では少しはもらえるようになりました。小泉首相のお陰です。竹中総務大臣ありがとう。

 しかしながら、小泉首相が大嫌いな朝鮮日報でさえこのような客観的というより、その功績を素直に認め好意的な記事を書くことが出来るのに、どうして日本のサヨクマスコミは小泉首相のすべてを否定したがるのか?もちろん、たまには好意的な記事を書くこともあります。しかし内容は総じて、小泉人気はメディア戦略のお陰とか、日米同盟強化は良いが行き過ぎた米国偏重はアジア軽視を招いたとか、景気は回復したが格差社会が顕著化したとか、どこか小泉首相を見下し、行間もなにか不満げです。

 こういった傾向は自分でブログの記事を書くときにも感じます。小泉首相の功績について記事を書こうと思っても、どこか懐疑的になってしまうのです。不思議ですね。サヨクマスコミの論調が体に染み付いてはなれない。小泉マンセーブログと呼ばれるのをどこか恐れていて、与党批判をするほうが何か知的でカッコよく感じてしまうのです。もちろん私の勉強不足ということもありますが、どちらかといえばこれは気分的なものです。

 自民党総裁選は本日20日に開票され、26日の首相指名を持って小泉首相の任期は満了します。そんなに長く生きていませんが、小泉首相は私の知る歴代首相の中で最高の首相です。大変なこの時期に、首相として先頭に立って改革の指揮をとられ、日本を再生した能力を高く評価いたします。5年間お疲れ様でした。そして、ありがとうございます。

小泉首相5年間お疲れ様でした。と思う方はクリック!(人気blogランキングへ)

|

« 馬鹿は死ななきゃ直らない | トップページ | 自民党総裁選結果 »

コメント

小泉首相の改革は全て似非改革です。
最悪の5年間と思っています。
道路公団改革、郵政民営化全て改悪です。
特に郵政は簡保の100兆円を市場にさらし最後の日本の
虎の子を外資に切り売りされる事になるでしょう。
民営化のメリットは何かと政府に質問しても誰も答えない。

小生の小泉首相への評価は靖国参拝を継続し、支那・韓国を
黙らせた事です。結構これは大きいかも!
ブログ管理者さん意見が違ってごめんなさい。

投稿: Hatumagodekita | 2006年9月20日 (水) 13時48分

>簡保の100兆円を市場にさらし

これっていつ理解できないんですよね
民間はすでに晒しているのに、なぜ郵便が晒すと問題だと言うのでしょう。そもそも民営化されて郵便局に資金がそのまま存在し続けるとは思えないんですけどね。

誰か良かったらわかりやすく教えていただけると助かる。

投稿: ら | 2006年9月20日 (水) 15時53分

数ある功績の中で特に大きなものは古き悪しき政治スタイルを変えたことかと思います。 長年続いてきたそれまでの悪しき慣習を断ち切り、それを変えるということはともかく大変なこと。歴史に残る史上最高の名宰相であったと思います。
その他、財政支出の抑制、政府・行政の肥大化に歯止めを掛けたこと、不況のどん底から景気を回復させたこと、日本を「普通の国」に変えたこと、暗闇政治家の何人かを追放し政界浄化を進めたこと、アンタッチャブルであった日本の暗黒部分(総連・同和・部落開放同盟等)の浄化に手がつき始めたこと、誰も手を出したがらなかった北朝鮮の拉致問題に関し、自らが足を運び、何人かを取り戻したこと、靖国参拝を続けることにより、中韓の対日外交カードを無効化したこと、日米関係を史上最高の状態にしたこと、北朝鮮制裁等、本当に数多くのことを成し遂げられたと思います。
・・・それぞれの見解の違いはありましょう。特に特アにとっては目の上のタンコブ。最も嫌なヤツであったことは間違いありません。福島氏、小沢民氏、加藤紅一氏、亀井氏、野中氏、左翼マスコミ辺りもボロクソに言うでしょう。

投稿: xyz | 2006年9月20日 (水) 16時34分

郵政民営化の米国陰謀説
陰謀説が好きで、それを唱えることで、自分が特別な情報を持った知識人であるかのごとく思いたがる人はいるもの。大部分は根も葉もない憶測。

投稿: 勤 | 2006年9月20日 (水) 16時50分

続き
小泉内閣の政策は米国発「年次改革要望書」の通り進んできた。正にその通り、一言一句同じ。官僚はその要望書を日本語訳にし、忠実に内閣に提示し、内閣は殆ど承認。官僚主導体制を破壊したとのご認識では有るが、正に官僚は何も考えないと言う意味で官僚主導体制を破壊したと言う事であれば理解出来ます。
地方の昔メインストリートであった商店街は正にシャッター通りと化している。地方の疲弊は著しい。
日本をアメリカの属国に成り下がる政治をやってきたと断ずる。

投稿: Hatumagodekita | 2006年9月20日 (水) 19時19分

お~い、飯10杯の自意識肥大でぶ「熱湯欲」生きてるか~いw

あれ?話題変えてるのかな。支那人は三国人だってねw
(この文章をお読みの皆さんは9/17の「中国人≠三国人」の書き込みを先に読んでね)

君ね、既に鎧袖一触、殺されてるんですがw

ただ、あんまり頭のトロそうな厨房だったんで、恥を天下に曝させるのはカワイソウだから、情けをかけてやったの(ここまで、気配りしてくれる優しい人はそうはいないぜ。)

ところが、この自意識肥大でぶ=「熱湯欲」、つけあがってやんのw

はっきり君にもわかるようにもう一度書いてあげます。ワザワザね。

1.小学館の『日本国語大辞典』の「第三国人」の項にハッキリ「第二次世界大戦後の占領時代に、かつてわが国の統治下にあった諸国の国民(朝鮮人・台湾人)に与えられた名称。」と書いてある。

2.中国は(台湾じゃないぜ)統治下になかった。

ハイ、終了。

あまりにもシンプル過ぎ。「瞬殺」って感じw
同じ事を繰り返し書いただけ。ただし、今度は頭が悪いくせに付け上がった馬鹿にもわかるようにサラッと書いただけ。もう一度「中国人≠三国人」の文章読んでみな。

こっちが「礼儀正しく」を遥かに超えて「謙虚」な姿勢で書いてやったら、勘違いしやがって。
大笑いだ。
しょうがないね。恥曝さないとコイツ懲りないみたい。

「熱湯欲」自意識肥大しすぎw
今度はオレ様の方が「辞書」より正しいんだって騒ぐのかなw
飯10杯は喰い過ぎなんだよ、自意識肥大でぶ。

投稿: 辞書マニア | 2006年9月20日 (水) 22時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118475/3501278

この記事へのトラックバック一覧です: 小泉首相の5年間:

» 取調べ3 [不動産鑑定士半兵衛の権力との闘い]
房を出て留置担当官の休憩場の壁に掛かっている時計を見た。7時を指していた。遅い [続きを読む]

受信: 2006年9月20日 (水) 13時58分

» 自民党新総裁に安倍氏 [切磋琢磨に暇つぶし]
自民党新総裁に安倍氏が選出されました。 安倍氏は26日召集の臨時国会の衆参両院本会議で第90代首相に指名され、戦後最年少、初の戦後生まれの首相が誕生するのだそう。 下馬評どおりの結果と言えるでしょう。 安倍氏に期待されることの1つとして憲法改正があげられます... [続きを読む]

受信: 2006年9月20日 (水) 21時31分

» レームダック化する平和憲法 [Empire of the Sun太陽の帝国 ]
 今日20日午後2時53分・自民党総裁選挙が行われ安倍晋三氏が圧倒的な支持を集め [続きを読む]

受信: 2006年9月21日 (木) 00時21分

» 朝鮮日報 [キーワードマーケティング実験室]
朝鮮日報に関連するブログを集めてみました.... [続きを読む]

受信: 2006年9月21日 (木) 04時02分

« 馬鹿は死ななきゃ直らない | トップページ | 自民党総裁選結果 »