« 社民党が動画サイト | トップページ | 瑞穂は小学3年生 »

2006年8月24日 (木)

南京事件裁判

悪質なプロパガンダですね。新聞は事実を伝えていない。

南京事件裁判 関連書籍著者らに160万元の賠償命令

 【北京=福島香織】日中戦争中の南京事件(1937年)の生存者、夏淑琴さん(77)が日本で出版された関連書籍により名誉を傷つけられたとして、著者らに損害賠償を求めていた中国南京市玄武区人民法院(簡裁)での裁判で、同法院は23日、著者2人と出版社に対し、計160万元(約2400万円)の賠償や日中主要紙での謝罪広告掲載を命じる判決を言い渡した。

 南京事件をめぐる対日訴訟が中国で行われた初の例での初勝訴という。ただ手続き上の問題もあり、判決内容がただちに執行されるわけではなさそうだ。

 訴えられていたのは「『南京虐殺』の徹底検証」の著者、東中野修道・亜細亜大学教授と「『南京虐殺』への大疑問」の著者、松村俊夫さん、および出版社の展転社(東京都)。夏さんの弁護団が発表した声明によると、この2著書で、夏さんは「ニセ証言者」呼ばわりされ、名誉を著しく傷つけられたとして、2000年11月に提訴していた。判決では、原告の主張が全面的にみとめられ、筆者それぞれに80万元ずつの賠償金支払いと、人民日報など中国主要3紙および朝日、読売、産経の日本3紙での謝罪広告掲載を命じ、出版社には出版差し止めと回収、廃棄を命じた。公判中、被告側は「中国では身の安全が保証されない」として、出廷に応じなかった。

≪被告の出版社が反論≫

 中国江蘇省南京市の裁判所が出した判決について、被告の展転社(藤本隆之社長・東京都文京区)は23日、「いわゆる“南京裁判”への我が社の立場」との声明を発表した。

 声明は今回の判決について、「歴史事件への純粋な学術研究を政治的に抹殺しようとする意図に疑問を感じる。これは裁判の名を借りたわが国の『言論の自由』に対する挑戦であり、内政干渉以外のなにものではない」としたうえで、「そもそも国際裁判管轄権がない中国の法廷に出廷する義務はなく、国際法上裁判そのものが成立しない」と反論した。

 また、同じく被告の東中野修道氏は産経新聞の取材に対し「中国の民法146条と日本の民法によれば、不法行為は不法行為が発生した地の法律で裁かれるべきであり、日本の法律に基づいて審議されるべきだ。従って南京の裁判所にはこの裁判を行う権限がない。法治国家に生きる人間として、この判決を認めるつもりはない」と語った。

(08/23 18:15) 産経新聞

 反論だけではなく、東中野修道氏側はこの判決の債務不存在確認訴訟を起こして、夏さんが反訴、現在、東京地裁にて係争中です。産経新聞はその事実をなぜ報道しないのか。読売は裁判のことに触れていますが、その事実関係には触れていません。

夏淑琴さん、日本の法廷で反論 南京大虐殺めぐり

 南京大虐殺の生存者・夏淑琴さんが30日午後、東京地方裁判所に出廷し、夏さんの証言を「でっちあげ」と主張する日本の右翼的学者に激しく反論した。新華社のウェブサイト「新華網」が伝えた。

 夏さんは8歳だった1937年12月13日、当時中国を侵略していた旧日本軍に家族7人を殺害されたが、4歳の妹・淑雲さんとともに辛うじて難を逃れたという。ある米国の牧師が、夏さんの家族が惨殺された様子をカメラで捉えていた。

 日本の出版社「展転社」は1999年、右翼的学者の東中野修道、松村俊夫両氏のいわゆる「研究書」を出版した。両氏は同書の中で、夏さんともう1人の生存者、李秀英さんの身分を否定し、「事実をでっちあげた」と主張。夏さんはこれを名誉毀損に当たるとして、中国の裁判所で両氏を提訴していた。一方、東中野、松村の両氏は2005年4月、東京地方裁判所に対し、夏さんが中国の裁判所に訴えた起訴事実が「存在しない」ことを確認するよう求めた。夏さんはこれを受けて5月、東京地方裁判所に反訴した。

 夏さん側の日本人弁護団によると、被告側の弁護士は同日すでに訴えを取り下げ、審判長もこれに対する異議は出していない。日本の法律に従えば、現時点で取り下げはすでに成立したことになる。夏さんは今後、自らが反訴した案件の原告として、公平な裁きを得るまで法廷に立つことになる。

2006年07月01日 朝日新聞 人民日報版

 

 中共の政治的なプロパガンダによる、日本の「言論の自由」への挑戦に他ならないのですが、いつもは報道の自由を主張してやまないマスコミがそろってダンマリとはどういうことなのでしょうか。

 取材能力がないというならばまだ許せますが、意図的に触れていないとしたら目も当てられません。都合のいいことだけ報道し、都合の悪いことには触れない体質はもうどうしようもない。

 実際、このことを報道した日本の新聞は“しんぶん赤旗”だけのようですね。

南京大虐殺 日本の著作でニセ被害者扱い 真実伝える為提訴

夏 淑琴さん 来日へ

 夏さんは、東中野修道・亜細亜大学教授の著書『「南京虐殺」の徹底検証』(展転社)で、「事実をありのままに語っているのであれば、証言に、食い違いの起こるはずもなかった」として、ニセ被害者と決め付けられました。夏さんは、名誉を傷つけられたとして東京地裁に損害賠償を求め訴訟をおこしました。(注参照

■ ■

 訴状などによると、夏さん一家は、中国・南京市中華門内新路口五番地で借家住まいをしていました。家族は、当時八歳だった夏さんと母方の祖父、祖母、父、母、二人の姉、二人の妹の九人。

 一九三七年十二月十三日、大勢の日本兵が夏さんの家に乱入し、父親と大家さんを殺害しました。夏さんは姉や妹らと布団をかぶって隠れました。日本兵は、子どもたちをかばうように寝台に腰掛けた祖父母を射殺、布団をはいで二人の姉を強姦(ごうかん)しようとしました。大声を出した夏さんは左脇、背中、肩の三カ所を銃剣で刺され、気を失いました。意識が戻り、部屋を見渡すと二人の姉は殺されていました。夏さんが四歳の妹と、空襲のときに隠れる「避難所」にいくと、生後数カ月の妹と母が死んでいました。

 生き残った二人は、なべに残っていたおこげのご飯を食べて生き延び、数日後、近所の老人に発見され、養老院に保護されました。

■ ■

 南京事件では、中国の負傷兵、敗残兵ばかりか、日本軍に元兵士とみなされた多くの市民・農民も殺害されました。南京事件の研究者・笠原十九司都留文科大学教授は、二十万人に近いかそれ以上の中国軍民が犠牲になったと考えられるとしています。性暴力被害が多かったのも特徴で、事件当時、中国人被害者の救済にあたった南京安全区国際委員会の推計では、強姦された女性は数万人に達します。

 笠原教授は、「東中野氏は、“南京事件はなかった”とする立場から証言や資料を見、証言のささいな齟齬(そご)を探して、否定しています。両親や姉妹を一度になくし、孤児としてその後もずっと苦労した八歳の少女の体験を、細部が食い違うからと否定するのは、異常です」と東中野氏の立場を批判します。

 「夏淑琴さんに関連する資料で、『銃剣で刺した』と訳すべき英語を、『銃剣で突き殺した』と誤訳し、“夏淑琴にあたる少女は殺されて存在しないはず”と主張するのですから、学問的には問題になりません。しかし、彼の本を大量に買い取る財団があるうえ、しにせの出版社が発行することもあり、軽視できません」

 笠原教授は、二〇〇二年四月、南京市の夏さんを訪ねました。「夏さんは、自分の証言を否定する言論が日本で放任されていることを、自分に学歴がないため信用されないんだと傷ついていました。裁判を通じて、真実が多くの人に伝わることを期待しています。夏さんの生涯を聞くなかで、南京事件の問題はまだ終わっていないことを実感しました」と話します。

 第一回口頭弁論は、三十日午後一時十分から東京地裁一〇三号法廷で開かれます(傍聴者多数の場合抽選)。また、「夏淑琴さんの証言を聞く集い」が七月一日午後六時三十分から、東京・渋谷区の東京ウィメンズプラザで開かれます。


 注 夏さんは二〇〇〇年十一月、中国で東中野氏を相手取って名誉棄損裁判をおこしました。これにたいし、東中野氏は、中国の裁判で賠償命令が出ても賠償しないでいいように、東京地裁に「債務不存在」の確認を求める訴えを起こしていました。今回の夏さんの訴えは、東中野氏の訴訟に対抗するもの(「反訴」)で、東京地裁はいっしょに審理します。

 

 東中野修道氏は“南京事件が無かった”とは自身の著書の中で一言も触れていません。南京事件については、証拠といわれる写真や証言があふれており、無かったことを証明することは不可能に近い。それを、研究者の立場として一つ一つ検証して、証拠能力を持つ証言や写真ではないとしただけで今回のような言論封殺の裁判を起こされたわけです。

 私は一ブロガーとして、この東中野修道氏の裁判を応援し、見守ってまいりたいと思います。

中共の言論封殺を許すな!って方はクリック!(ブログランキングへ)

南京事件「証拠写真」を検証する Book 南京事件「証拠写真」を検証する

著者:小林 進,福永 慎次郎,東中野 修道
販売元:草思社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 

|

« 社民党が動画サイト | トップページ | 瑞穂は小学3年生 »

コメント

 「愛国無罪」
 (国を愛するためならウソをついても良い!)
 という国の証人など信用できませんよ(笑)!

投稿: 柳生すばる | 2006年8月24日 (木) 23時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118475/3186323

この記事へのトラックバック一覧です: 南京事件裁判:

» 中国によるチベット人大虐殺を許さない。 [諸君!正論なき主張]
小泉総理の靖国参拝によって、中国政府は過去の侵略うんぬんと言ってましたが、中国こそが侵略・大虐殺を行っている侵略国家・犯罪国家だと思います。 中国には、「われこそは世界の中心であり、その外側の地は野蛮人の地である」という中華思想があるため、周辺諸国を侵略し... [続きを読む]

受信: 2006年8月24日 (木) 15時37分

» 人種差別主義者:ルーズベルト [Empire of the Sun太陽の帝国 ]
 今日24日の産経新聞に外交評論家の岡崎久彦氏の論文が載っていた。  8月24日 [続きを読む]

受信: 2006年8月24日 (木) 23時49分

« 社民党が動画サイト | トップページ | 瑞穂は小学3年生 »