« 理念の共有できない国 | トップページ | スパイ防止法 »

2006年8月 1日 (火)

中共と小沢の二人三脚

実は期待していたのですが、これについて民主党代表の発言は無いようです。

自民チームが法案の骨子案 対北朝鮮金融制裁

北朝鮮のミサイル発射を受け圧力強化策を検討してきた自民党の「対北朝鮮経済制裁シミュレーションチーム」が31日、金融制裁法案の骨子案をまとめた。外国政府が絡む資金洗浄(マネーロンダリング)との関与が疑われる国内の金融機関を閣議決定で指定し、この金融機関との取引禁止をほかの金融機関に命じることができる。

 チームは秋の臨時国会に提出をめざすとしている。成立すれば特定船舶入港禁止法、改正外為法に続く北朝鮮への制裁法になる。

2006年08月01日02時04分 朝日新聞

以前より「日本単独では限界」と暗に中国と韓国の協力が得られないことを理由に、政府の対北朝鮮追加制裁を批判していた小沢代表ですが、今回の資金洗浄規正法については特に意見が無いようです。どうやら中国の対北朝鮮政策に関係があるようです。

米中、資金洗浄摘発へ協力強化

【北京=桃井裕理】新華社によると、中国公安省と米司法省は29日、麻薬の密輸やマネーロンダリング(資金洗浄)、貨幣偽造など国際的犯罪の摘発やテロ情報の交換で協力強化を目指す共同声明を発表した。両国執行部門の連絡チームを設立するなど対話や交流拡大のためのメカニズムを構築し、テロや国際的犯罪の取り締まりを強化する考えだ。

 26―29日の日程で訪米していた中国の周永康公安相とゴンザレス米司法長官がニューヨークで共同声明に署名した。中国公安省は米連邦捜査局(FBI)とテロ情報の交換やインターネット犯罪の取り締まりなどで協力することを記した5件の覚書を交わした。

7/31 (07:01) 日経新聞

もうひとつ。

中国軍が中朝国境でミサイル演習

中国紙、解放軍報は1日までに、人民解放軍瀋陽軍区砲兵団が7月25日夜に吉林省の長白山(朝鮮名・白頭山)でミサイル23発を発射するなどの軍事演習を実施したと伝えた。中朝国境に位置する長白山での軍事演習が伝えられるのは異例。同山頂にある天池などの領有権は確定していないとされ、韓国メディアは「領有権確保の狙いがある」と分析している。解放軍報は「複雑な気象条件での夜間訓練」とし、約1時間でミサイル23発がすべて目標物に命中したと報じた。詳しい部隊名や演習規模については伝えていない。(共同)

(08/01 21:00) 産経新聞

中国は、北朝鮮よりも米国との協調を選んだようです。

まだまだ続くよ対北朝鮮制裁

日本政府、北朝鮮製偽たばこを実態調査へ

日本政府は北朝鮮が外国製のたばこを偽造し、海外で流通させている疑いがあるとし、実態調査を開始することにした。

 鈴木政二官房副長官はこの日、首相官邸で開かれた政府の拉致問題特命チーム「法執行班」会合で、北朝鮮製の疑いが強い「偽たばこ」が海外で出回っているとして、実態調査に乗り出すよう指示したと、共同通信が31日報じた。

 日本たばこ産業(JT)によると、「マイルドセブン」など同社銘柄のたばこの偽物が、中国と北朝鮮の国境付近で多数出回っていることが報告されている。現時点では日本国内での流通例は確認されていない。

 一方、自民党の「北朝鮮経済制裁シュミレーションチーム」は31日、北朝鮮当局によるマネーロンダリング(資金洗浄)に関与している疑いのある金融機関や組織を指定し、他の金融機関に対し、これらとの取引禁止を命じることを柱とした「北朝鮮金融制裁法案」(仮称)の骨子案をまとめた。

2006/08/01 08:00 朝鮮日報

しかし、中国が対米協調路線、小沢が等距離外交で米国と距離をとれとは非常にわかりやすい図式ですね。ますます日米同盟の重要さを感じさせてくれる状況になってまいりました。

なにはともあれ、これで北朝鮮への制裁に非協力的なのは韓国だけになりましたね。

ノムヒョンもいい加減空気読め。

中共と小沢は一心同体と思う方はクリック!

|

« 理念の共有できない国 | トップページ | スパイ防止法 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118475/2893669

この記事へのトラックバック一覧です: 中共と小沢の二人三脚:

» 傀儡政権 中国の本気度 [Silly Talk]
 中国が最近、北朝鮮の金融資産を凍結したそうな。  いよいよ中国も本気で北を潰し [続きを読む]

受信: 2006年8月 1日 (火) 23時31分

« 理念の共有できない国 | トップページ | スパイ防止法 »