« 安倍長官に平和遺族会が抗議 | トップページ | 韓流の終わりの始まり »

2006年8月 6日 (日)

キューバと中共の違い

キューバには民主化を呼びかけるが、中国には呼びかけない米国

ライス長官、キューバ国民に民主化促進呼び掛け

【ワシントン=五十嵐文】ライス米国務長官は4日、キューバのカストロ国家評議会議長が一時的に権限委譲したことを受け、米フロリダ州マイアミのスペイン語ラジオ放送を通じ、キューバ国民に向けたメッセージを出し、キューバの民主体制移行を支援すると強調した。

 長官は「キューバの皆さんには、前向きな変化に向けて本国で頑張ってほしい」と述べ、キューバの民主化移行の過程で米国が人道支援などを提供、他国にも協力を呼び掛けると約束した。

(2006年8月5日18時17分  読売新聞)

「人権と信教の自由、状況悪い」 米国務省高官、中国批判

【ワシントン=有元隆志】クリステンセン米国務次官補代理(東アジア・太平洋担当)は3日、米議会の超党派政策諮問機関「米中経済安保調査委員会」に出席し、北朝鮮とイランの核やミサイル開発問題で、中国が国連安保理決議に賛成したことに一定の評価をする一方で、「米中で考え方が大きく違う分野が多くある」と指摘。特に「人権と信教の自由の状況は、依然として極めて悪い」と批判し、改善を求める考えを強調した。

 また、中国企業による大量破壊兵器の拡散問題について、「中国政府は拡散を抑えるため、より多くのことをする必要がある」と述べた。米財務省は6月、中国企業4社に対し、イランのミサイル開発を支援したとして、在米資産の凍結や米企業・米国民との取引停止を発表している。

(08/04 21:24) 産経新聞

さすがの米国も中国人民のこの民度に対して、本当に必要のなのは民主化ではなく、中国共産党の胡錦濤指導部による強権だということを理解したのでしょうか。

しつけのなっていない人民はどうしようもないですね。

ヤレヤレ ┐(´ー`)┌ マイッタネ って思う方はクリック!

|

« 安倍長官に平和遺族会が抗議 | トップページ | 韓流の終わりの始まり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118475/2948814

この記事へのトラックバック一覧です: キューバと中共の違い:

« 安倍長官に平和遺族会が抗議 | トップページ | 韓流の終わりの始まり »