« 汚職大国中国 | トップページ | 朝日新聞に見る社会学 »

2006年8月 8日 (火)

中共の企業倫理

中国にはコンプライアンス(企業倫理)は存在しないようです。

ミッキーマウスのマグカップ、取っ手外れる事故相次ぐ

 ディズニーの人気キャラクター「ミッキーマウス」と「ミニーマウス」がそれぞれデザインされたマグカップで、プラスチックの取っ手が陶器製の本体から外れる事故が相次ぎ、同商品を開発したリテイルネットワークス(東京都目黒区)は7日、カップ2種類、計3580点の回収を始めた。

Click here to find out more!

 同社は計11件の不具合を確認、このうち女性2人がコーヒーなどがこぼれて軽いやけどを負った。

 回収するのは、同社の「ジェリードット・シリーズ」のマグカップ(定価1050円)。本体には白地に黄色や緑色など水玉模様があり、中央にはシャボン玉の中に、それぞれミッキーやミニーの顔が描かれている。

 今年2月3日から7月4日まで、同社直営のディズニーストア53店とオンラインの「ディズニー・モール」で販売された。

 問い合わせは同社(電話03・5773・2547)へ。

(2006年8月7日21時54分  読売新聞)

ひとつ間違えれば命に関わる事故です。開発者は記載してありますが、生産国が記載してありませんね。ディズニーグッズを買ったことのある人ならわかると思いますが、100%中国製に間違いありません。でも、こういった工場で作られた製品ならしょうがないですね。

玩具工場で数千人暴動/広東省、ディズニーに出荷

 【香港29日共同】29日付の香港紙、明報によると、中国広東省東莞市にある香港資本のプラスチック玩具工場(従業員約8000人)で今月23日から3日間、従業員数千人が労働条件の改善を求めて工場の食堂を壊すなど暴動を起こした。工場は米ディズニーなどに製品を出荷しているほか、世界中で人気のバービー人形も生産していた。

 同紙によると、従業員らは近くの道をふさぐなどした。1人が頭部を負傷し、警察が10数人の身柄を拘束したという。

 報道によると、従業員側は残業代の不払いや工場の食事のまずさなどに不満を持ち、暴動後に退職を申し出る従業員が相次いでいる。

2006/07/29 18:37 四国新聞社

”中国広東省東莞市にある香港資本の工場(従業員約8000人)”?以前見たことがあるシチュエーションですね。さてはデジャ・ヴュか!と思ったらこれでした。

「食事まずい」などと数千人が3日間暴動 中国の工場(産経新聞)

ディズニーの”デ”の字も出てきません。経験ある従業員が働き続けることが出来ない職場でいい商品が出来るわけが無い。何か意図的なものを感じますね。

相変わらず事実を正確に報道しないマスゴミにもあきれますが、こういった情報がきちんと出てこないと、まじめにやっている日本の生産者が大変迷惑します。最近のシンドラー社もそうですが、製品として重大な欠陥があっても、ただ安いだけで受け入れられてしまう風潮があるようです。消費者の側もただ安いだけで飛びつくのではなく、作られた製品を見る目を養い、企業のコンプライアンスをも評価して購入する必要があるのではないでしょうか。

コンプライアンスが崩壊するとどうなるのか?命に関わる事態に発展します。

中国:薬害による死亡例が増加、薬品の滅菌消毒に問題か

 【大紀元日本8月7日】中国で最近、薬害問題で多数の死亡例が発生、体の不調を訴える患者が増加している。問題となった「シンフー」ブドウ糖注射液(クリンダマイシン・フォスフェイト・インジェクション)の製造過程における滅菌消毒処理に問題があると見られる。現在、当局はすでに、81例の同薬害苦情の報告を受け、10省に及び、3人が死亡した。わずか一日で倍以上の症例が増加したことから、当局は調査を急いでいるという。

 BBCによると、「シンフー」ブドウ糖注射液を使用した後の死亡例は、黒龍江省、河北省および湖北省の3省で発生した。その内、黒龍江省ハルピン市の死亡例は6歳の女児だったという。女児は風邪のために、7月24日にこの薬品を使用し、静脈点滴を開始して20分も経たない内に、高熱となり、3日後に死亡したという。死亡例のほか、同市でこの薬品の使用後、体の不調を訴えた患者が15例あったという。

 最新の死亡例は、湖北省の男性(48)で、使用後に過敏性ショックが起きて8月2日に死亡したという。体の不調を訴えた患者は10例だった。また、河北省の死亡例は70歳台の男性で、体の不調を訴えた患者は5例だった。実際、同薬品の使用によって、体の不調を訴えたもっとも多く症例が出たのは、青海省で計18例。また、山東省蓬莱市、廣西省、浙江省等においても、同薬品を使用後の患者は、同症状が出ていると発表した。

 「シンフー」ブドウ糖注射液の製造元、安徽華源生物薬業有限公司の製造工場は、安徽省の上場企業で、上海華源企業の傘下企業である。阜陽市に位置する同社の製薬工場は、扁桃腺炎症、急性気管支炎等の治療薬として、同薬品を生産している。同社責任者によると、湖北、黒龍江、河北、吉林、江蘇、安徽、新彊、遼寧、河南、山東で流通された同薬品の25%はすでに回収されたという。

 中共国家食品薬品監督管理局は4日、国家薬品不良反応監督測定センターは、これまで受けた安徽華源社の「シンフー」製品にかかわる死亡ケースを含む報告は、9つのロットに及んでいるという。

 中共文生部および薬監局はすでに、各地薬品監督管理部門に対して、管轄区内のすべての薬品販売企業、医療機構が同社「シンフー」製品の使用および販売を禁止すると通告したという。

 一方、安徽華源社の上部管理者によると、同薬品の滅菌消毒工程に問題が起きている可能性が高いという。同製造工場は、新しい消毒設備にしてから、消毒時間を1分間短縮しており、そのため滅菌過程において熱分散の不均一が起きる可能性があるとの見方を示した。

 情報によると、同薬品を使用した患者は、過敏性ショック、肝・腎臓機能障害など深刻な薬害反応が起き、一部の患者は胸がすっきりせず、動悸、身震いなどの臨床症状が現れるという。

(06/08/07 08:47)

どういう衛生管理状況なのか想像もつきませんが、患者の生命より、生産効率の向上のほうが優先されていることは確かなようです。中国という国はこういう”ルールを守らない”というよりは”ルールが無い”国だということをよく理解し、今後の付き合い方を考えたほうが良さそうです。

ルールが無い国と付き合う必要は無い!と思う方はクリック!(ブログランキングへ)

|

« 汚職大国中国 | トップページ | 朝日新聞に見る社会学 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118475/2979311

この記事へのトラックバック一覧です: 中共の企業倫理:

« 汚職大国中国 | トップページ | 朝日新聞に見る社会学 »