« 小沢一郎大いに夢を語る | トップページ | チップって何? »

2006年8月26日 (土)

ネット情報選別システム

新手のネット規制でしょうかねぇ。

ネット情報「ウソ発見器」 総務省が開発へ

 真偽が見極め難いさまざまな情報が乱れ飛ぶインターネット。その中で、ウソや間違いらしい情報を自動的に洗い出し、ネットの利便性を高めるシステムの開発に総務省が乗り出す。ネット上にある関連深い別の情報を探し出し、比較参照することで、情報の「デマ率」などを示す。研究機関と協力し、2010年までの開発を目指す。07年度予算では、まず3億円を要求する。

 ネット上の情報は、何人もの目で事前に校閲された出版物などに比べ、誤った内容が少なくない。信頼性を確かめるには、利用者が他の情報と付き合わせるなどの作業を行うしか手がない。

 総務省が構築を目指すシステムは、この選別をコンピューターで自動的にやらせるものだ。ネット情報のウソや間違いの「発見器」といえる。

 完成すれば、ある情報のデマ率を調べたり、ネットで検索するときに信頼性のある順番に表示したりできるという。「この情報はデマ率95%ですが表示しますか」などという注意表示もできるようになる。

 扱う対象は、株式情報から国際情勢の解説、商品情報などさまざま。「この企業分析は適切か」「レバノン内政のこの記述は自然か」「オークションに出品されているこの外国電化製品の性能表示は本当か」などの疑問に答えられるようにするのが目標。

 開発の焦点は、インターネットのなかから信頼できる関連情報を見つけ出せるかどうかだ。そのために、知識を関連づけて書かれた内容の意味を正確に判定する技術や高度な自動翻訳技術などを編み出す必要がある。

2006年08月26日15時41分 朝日新聞

 結局、真偽の判断を他人に預けるという意味で、逆に利用者のインターネットスキルを下げちゃうでしょうね。で、より簡単に騙されるようになる。

 出版物が多数の編集者を通すから間違いがないというのは既存メディアの思い上がりにすぎません。インターネットはその編集者が多数いて、それぞれの主観の元に情報を発信しています。利用者はその多数の情報の中から、自分にとって正しいと思う情報を選択して利用するわけですが、右側の人は右側の意見を好むでしょうし、左側の人は左側の意見を好むわけで、それをどっちが正しいというのを公正に判断するのは不可能に近い。

 大手、弱小を問わず雑多の情報が真偽入り混じって存在し、それを利用者の判断で取捨選択して利用する所に“良さ”あるのであって、それにフィルターをかけるというのは、逆にインターネットの“良さ”を排除することになりかねません。

 “ネット上にある関連性の深い別の情報を探し出す”というのは、今の検索エンジンでも十分出来ることです。それを比較参照し、利用する判断はあくまでも利用者に任せるべきであり、そこに何らかの主観によって評価をつけることは絶対に避けなければならないでしょう。

 総務省は、まずテレビ朝日TBSを何とかしろ。話はそれからだ。

ネット情報「ウソ発見器」なんていらない!って方はクリック!(ブログランキングへ)

|

« 小沢一郎大いに夢を語る | トップページ | チップって何? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118475/3213677

この記事へのトラックバック一覧です: ネット情報選別システム:

« 小沢一郎大いに夢を語る | トップページ | チップって何? »