« 超えられない壁 | トップページ | 中国の対日工作① »

2006年7月24日 (月)

報道機関としての自覚はあるのか?

この新聞はもうだめかもわからんね。

安倍氏、8月15日は参拝せず 靖国争点、避ける狙い

安倍官房長官は終戦記念日の8月15日に靖国神社を参拝しない意向を固めた。自民党幹事長だった04年、幹事長代理だった05年には終戦記念日に参拝したが、党総裁選を控え「靖国」が突出した争点になるのを回避する狙いがある。ただ、春秋の例大祭時の参拝は否定しておらず、首相に選出された場合の対応には含みを残している。複数の関係者が明らかにした

 安倍氏に近い関係者によると、安倍氏は側近議員や学識経験者らの意見を踏まえ(1)総裁選などで靖国問題を争点化しない(2)参拝するかどうかは言わない(3)8月15日の参拝にはこだわらない――との方針を確認したという。

 靖国をめぐっては、小泉首相が8月15日の参拝を総裁選公約に掲げ、中韓両国との関係が冷え込んだ経緯がある。安倍氏はこうした状況を踏まえ「15日に参拝すれば総裁選で争点化し、国益に反する」と判断した

 安倍氏は6月のテレビ番組で「外交問題に発展する可能性があれば、そうならない努力をしなければいけない」と語るなど、靖国問題の争点化の回避を訴えてきた。

 ただ、安倍氏は「靖国に祭られた近代以降の戦没者を追悼するには、太平洋戦争終結の日よりも春秋の例大祭が適切」というのが持論。8月15日は見送っても例大祭で参拝する可能性は残っており、靖国問題の打開につながるかは不透明だ。

 一方、谷垣財務相は22日、津市内で靖国参拝について「さしあたっては控える」と記者団に語り、当面は参拝しない考えを明らかにした。

2006年07月23日08時32分 朝日新聞

参拝に”こだわらない”とはいっていますが、”行かない”とは文中どこを探しても無いんですが…

どうしてそれが安倍官房長官が”「15日に参拝すれば総裁選で争点化し、国益に反する」と判断した”断定するのか理解に苦しみますね。事実を伝えないで、願望を書く新聞社は朝日だけです。

ちなみに他紙の見出しにはこう出てます

終戦記念日の靖国参拝明言せず 安倍官房長官…産経新聞

靖国神社参拝:安倍官房長官が明言避ける考え示す…毎日新聞

読売、日経は該当記事は見当たらず。

そんでもって、朝日の飛ばし記事を受けて朝鮮日報が報道

【靖国】安倍官房長官、8月15日には参拝しない意向

中身は朝日新聞の報道をそのまま引用したものですが、これで参拝したときには、だまされたとか言って騒ぎ出すのは明白です。もういい加減うんざりしますね。

朝日新聞に自覚なんて無いと思う方はクリック!

|

« 超えられない壁 | トップページ | 中国の対日工作① »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118475/2784568

この記事へのトラックバック一覧です: 報道機関としての自覚はあるのか?:

» A級戦犯を分祀すれば祟りじゃ~っ! [Empire of the Sun太陽の帝国 ]
 8月15日が近づき、首相の靖国参拝の是非がさまざまに論じられる今日この頃である [続きを読む]

受信: 2006年7月26日 (水) 01時10分

« 超えられない壁 | トップページ | 中国の対日工作① »