« 中共の対日工作② | トップページ | 体力勝負の水泳大会 »

2006年7月13日 (木)

中国もお手上げ

日本の強硬姿勢が、中国の譲歩を引き出したようです。

中ロが非難決議案、各国へ掲示 日本案に対抗

北朝鮮のミサイル発射問題で、中国とロシアは12日午後(日本時間13日未明)、独自の非難決議案を国連安全保障理事国に非公式に提示した。日米が提案している制裁決議案の採択を阻止する狙いとみられる。一方、北京を訪問しているヒル米国務次官補は12日、中国の李肇星(リー・チャオシン)外相との会談後、平壌で続けられている中朝交渉が難航しているとの見方を示した。

 中国の王光亜・国連大使は12日、独自の決議案について「まだ正式に提出しないが、これから非公式に提示する」と記者団に語った。

 中国は、拘束力を伴う制裁決議案を採択させないため、これまで主張していた議長声明ではなく、制裁条項のない「決議」を自ら提出することで揺さぶりをかける狙いとみられる。

 安保理のドラサブリエール議長は11日、安保理の結束を維持するため、まず全会一致で拘束力を伴わない議長声明を採択した後、必要なら決議案の採択を目指す「2段階方式」を検討していることを明らかにしていた。

 これらの動きを受け、王大使は11日午後、日本などが制裁条項を削って、非難決議案に修正すれば受け入れる用意があるとの意向をドラサブリエール議長に伝えていた。

 しかし、中国の武大偉(ウー・ターウェイ)外務次官が訪朝して続けている北朝鮮への説得工作は難航している模様だ。

 ヒル氏は12日、記者団に対し、「北朝鮮が前向きな反応を示していないことに落胆させられた」と語った。武次官は、北朝鮮にミサイル発射の凍結とともに6者協議への復帰を求めており、15日まで北朝鮮の説得にあたる予定。

 北京で中国政府から交渉の経過を聞いたヒル氏は「北朝鮮に復帰の兆候がない」と指摘。「北朝鮮はさらなる孤立の道を進んでいるようだ」と語った。

 また、中国の崔天凱外務次官補は12日、6者協議について「中国がいくら努力しても、各国の足並みがそろわなければ再開は楽観できない」と述べ、参加各国の協調を呼びかけた。

     ◇

 中ロが、制裁条項を盛り込まない非難決議案を非公式に提示したことで、決議案の内容をめぐって、日米と中ロの双方が歩み寄るかどうかが焦点となる。

 日本などが提出した制裁決議案に対して中国が拒否権を発動する意向を示したことで、日本政府は「状況は厳しい」(外務省幹部)との見方を強めていた。政府内では制裁決議案の採択に固執するより、中ロに歩み寄ってでも決議案採択を優先すべきだとの見方も出ている。

 外務省関係者は12日夜、「安保理の正式な決議の形でメッセージを出すなら十分意味がある。制裁の中身は、すでに国際社会が取り組んできたことであり、それがなくても大きな後退ではない」と語った。

 ただ、日本政府はなお制裁決議案の採択を目指しつつ、北朝鮮への中国の説得を見守ることを基本方針にしている。外務省幹部も12日深夜、「(決議案に)制裁がなければだめだ」と語った。

 小泉首相は12日昼(日本時間同日夜)、イスラエルのオルメルト首相との会談で、日本の制裁決議案について「中国の外交努力を見守っているが、できるだけ早く決議を採択して欲しい」と述べ、理解を求めた。

2006年07月13日06時03分 朝日新聞

日本の強硬姿勢と、米国の揺さぶりによって、中国は相当追い詰められています。

ここで、北朝鮮が説得できなければ、中国の影響力に疑問符が付き、制裁決議に対しても、強く反対することが難しくなるでしょう。

よって、今回、従来の議長声明案を捨てて、非難決議案を示したというのは、中国側の明らかな譲歩です。それは北朝鮮への説得工作が失敗しつつあるという証明でもあります。

つまり、これは中国側の対北朝鮮政策の見直しを意味していることであり、今後の北朝鮮の出方によっては、制裁決議案に対して賛成しないまでも、棄権に回る可能性もあります。

今後の日本の対応については、歩み寄る云々とか言う、親中派の意見は無視して、あくまでも、基本方針通り、中国の外交努力を生温く見守りつつ、小泉首相の発言にあるように、早期の決議を主張して、圧力をかけていくのが正しい対応かと思われます。まぁ、もとよりそのつもりでしょうが。

しかし、忘れてはならないのは、依然として、北朝鮮がミサイルをいつ撃ってくるかわからない状態であり、緊張状態は続いています。

こんな中で、あの管代表代行が小沢代表に引き続いて発言したようです。

北朝鮮ミサイル:解決に現政権の「負の遺産」管代表代行

民主党の菅直人代表代行は12日、大津市で開かれた私鉄総連大会であいさつし、北朝鮮のミサイル発射について「(問題解決には)米国はもとより、北朝鮮と関係の深い中国や韓国などと連携しなければならないが、小泉政権は近隣諸国との関係ほど悪い。大きな負の遺産だ」と述べ、近隣諸国との関係悪化が外交に悪影響を与えているとの見方を示した。菅氏は「対抗措置に対抗措置をとるエスカレートの結果、戦争になることも歴史の中で何度もある」とも指摘した。【高橋隆輔】

毎日新聞 2006年7月12日 18時41分

しかし、よくこんなことをいえたものですね。北朝鮮の同盟国の中国と、連携して日本を口撃する韓国。いわば、北朝鮮のお仲間と本気で連携できると思っているとすれば、これはよほどの脳天気野郎ですね。後半の部分は、まさにそれです。この方は北朝鮮に核爆弾を落とされても日本の所為にするでしょう。かの国の人の思考回路に似てます。

ああなるほど、この方が本当に好きなのは北朝鮮だからしょうがないですね。

民主党幹部の心はひとつと思う方はクリック!

|

« 中共の対日工作② | トップページ | 体力勝負の水泳大会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118475/2623289

この記事へのトラックバック一覧です: 中国もお手上げ:

» 緊急アンケートです!【日本の国防について】(7月21日0:00締め切り) [Under the Sun -EQT-]
ただいま「Under the Sun」では、アンケートを実施しています。 北朝鮮のミサイル発射にゆれる日本。 北朝鮮の真意、今後の国際情勢の展望はまだ知れませんが、日本の国防に関して、皆さんのご意見をお聞きしたいと思います。 TBで回答するタイプです。よろしければ回答お願いします。 (とらばアンケート) 質問:あなたが考える、この先、日本がとるべき国防の方向は? 1.非武装をすすめ、他国から侵略されても抵抗をすべきではない http://clickenquete.com... [続きを読む]

受信: 2006年7月14日 (金) 00時17分

« 中共の対日工作② | トップページ | 体力勝負の水泳大会 »