« 戦略的外交② | トップページ | 毒菜規制 »

2006年7月27日 (木)

グッジョブ!

仙台梅原市長、グッジョブです!

「仙台中華街」風前のともしび 新市長が反対・凍結

東北の拠点都市・仙台に大規模な中華街をつくる――。昨年、中国初の投資ファンドが持ち込んできた巨額の「チャイナマネー」投入計画に、地域経済の回復を待ちわびる地元は大きな期待を寄せた。ところが、日中関係の険悪化の中で風向きは一変。「景観と治安に問題がある」との新市長の一声で計画は凍結され、今や風前のともしびとなっている。

●構想は「空中中華街」

 下りの新幹線で仙台まで残り数分。地上約10メートルの高架の右手に、竜宮城を思わせる街並みが現れる――。そんな青写真を持って、中国の投資ファンド「中瑞財団」の一行が仙台市を訪れたのは、昨年6月だった。

 この「空中中華街」の予定地は、JR仙台駅の南隣の長町駅東側に広がる82ヘクタールの再開発用地。横浜市の「みなとみらい21地区」に次ぐ規模の再開発だ。97年以降1189億円をかけて整備されているが、商業施設の進出が決まらず、「塩漬け」になっている。

 ●資産150億元

 中瑞財団は、新幹線高架に隣接する土地1.6ヘクタールを購入して地上9階の商業ビルを建設。横浜中華街を丸ごと持ってきたような街をつくろうと考えた。投資額は約170億円。「中国の一つの集団としては過去にない規模」(ジェトロ)の構想だった。 

 中国は国内総生産(GDP)が年率10%前後の伸びで成長を続ける。中瑞財団は、経済成長に沸く上海に隣接する浙江省・温州の企業9社が04年に設立した。保有資産は150億元(2250億円)にのぼる。

 「チャイナマネー」には、各地の自治体が熱いまなざしを向ける。福岡市は、博多湾沖の人工島に中国企業を誘致しようと懸命だ。

 そんな中、中瑞財団は仙台に注目した。財団の代理人は「周辺に中華街がなく、海運、航路の利便性に優れ、中国との物流拠点になる」と語る。

 仙台と中国との縁も深い。浙江省は中国の文豪・魯迅の生誕地。その魯迅が20世紀初め、仙台医学専門学校(現東北大医学部)に留学していた。解剖学の藤野厳九郎教授との交流を描いた小説「藤野先生」は中国の教科書にも載っている。

 ●地元は期待

 「中華街はにぎわいがあっていい。だから市への仲介を手伝った」と、地元の柿沼敏万仙台市議は語る。日本企業の進出が進まない中、中華街構想は3度目。具体的な構想は初めてだった。

 予定地近くの約2200世帯を束ねる連合町内会の幹部(77)も「集客に期待が持てると感じた。中国人が来ることの不安もないと語る。

 地元の歓迎ぶりを確認した仙台市は昨年6月、当時の藤井黎市長自らが歓迎の意向を表明した。

 だが、昨年7月の市長選で藤井氏が引退し、経済産業省出身の梅原克彦氏が当選して、事態は変わった。

 ●市長は対中強硬派

 梅原市長は経産省時代から対中強硬派の論客。「政府も党も軍も財閥も一つにまとまっている中国人社会の怖さを知るべきだ」と主張する。

 昨年12月の市議会で構想に慎重な姿勢を示し、今年2月には「景観などの観点からふさわしくない」と反対姿勢を鮮明にした。周囲には「中国人社会に土地が渡れば、治安上のリスクになりかねない」と語っている。

 「私はいい話だと思ったが……」。前市長時代に中華街構想を進めた市幹部も、今は「トップが反対なら難しい」と声を潜める。

 ただ、中国投資の専門家は「中瑞財団は典型的な空手套白狼(自分の金を使わずに人に金を出させる)グループ。東北が手をつけるには商売人過ぎる」と話す。

 梅原市長はいま、財団から正式に進出断念の報告を受け取ろうと、関係者を促している

2006年07月27日15時06分 朝日新聞

やはりこれはグッジョブといわねばならないでしょう。

何がチャイナマネーだ。政府の統制も利かないバブル帝国、中国の投資マネーを引き込んだところで、リスクが増すだけだろうが。

そこのところを、やはり経産省出身の梅原市長は良くわかってらっしゃる。

”中国人が来ることの不安が無い”だって?この連合町内会会長は去年の反日暴動を知ってていってるのか?やつらの反日教育ぶりを知ってていっているのだろうか。作ったとたんに大量の中国人が流れ込んで治安が悪化、それからあわてて返還を求めたところで政治問題化するのは目に見えている。これは中共による一種のテロだ。

しかし、このことを知らないことは、けしてこの方のせいではない。意図的に情報を隠蔽する朝日新聞を初めとするサヨクマスコミが悪い

いまや中国人というだけで危険なのだ。それが大量に流れ込んだとなればなおさらです。

しかしながら、東北は今、経済的に苦しいのも事実です。このような得体の知れない投資集団に食い物にされる前に、政府にはしっかりとした対策をとってもらいたいものです。

梅原市長グッジョブ!と思う方はクリック!(ブログランキングへ)

PS:梅原市長 仙台市で検索すると、エルパーク仙台の廃止があります。これって何?と思って調べると。。。財団法人せんだい男女共同参画財団の関係施設で、いわゆるジェンダーフリーってやつです。梅原市長はジェンダーフリーの予算を削りまくり、教育問題でも日教組と真正面からやりあってます。やはりこれもグッジョブ!といわねばならないでしょう。

他にも、台湾の台南市と交流を深めたり、北朝鮮のミサイル発射直前にはキティホークに乗船してたりと、いかにも市民団体とプロ市民からは嫌われそうな梅原市長ですが、当ブログでは、今後も応援していきたいと思います。

がんばれ!梅原市長!プロ市民に負けるな!

|

« 戦略的外交② | トップページ | 毒菜規制 »

コメント

 コメント・ありがとうございました。
 仙台の梅原市長!こんなに立派な政治家がいるとは知りませんでした。
 それにしても中国のやり方は悪辣ですネ!
 このような中華街の構想は”文化侵略”ですが、それを日本人に金を出させて作ろうと計画するのすからずうずうしいですネ!まぁ、早くつぶれてよかったです。
 暑くなりますが頑張ってください。

投稿: 柳生すばる | 2006年7月27日 (木) 20時38分

コメントありがとうございます。
中国のやり方もアレですが、朝日新聞のやり方もアレですね。
見出し+前半と後半の内容が違うので、最初だけ読んだ人はまず間違いなく梅原市長のことを”誤解”するでしょう。
お互い頑張りましょう~

投稿: takayuu@管理人 | 2006年7月27日 (木) 20時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118475/2826112

この記事へのトラックバック一覧です: グッジョブ!:

« 戦略的外交② | トップページ | 毒菜規制 »