« 祭りの後に | トップページ | 超えられない壁 »

2006年7月23日 (日)

ノムヒョン号が行く

かの国はどこに行くのでしょうか?

盧大統領「日本とは対決しなければならない」

「米国は友邦なので厳しく責めることは出来ないが…」

 盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領が今月11日に行われた与党ヨルリン・ウリ党の指導部および国会の統一外交通商委員会に所属する議員らとの晩さん懇談会で行った発言が波紋を呼んでいる。

 一部新聞は懇談会出席者の証言を引用し、盧大統領は「ブッシュ米大統領が北朝鮮問題を善と悪の対立概念で見ているため、説得が難しくなっている。米国は友邦なので厳しく責めることは出来ないが、日本とは対決しなければならない」と語ったと伝えた。

辛貞録(シン・ジョンロク)記者

2006/07/17 11:00 朝鮮日報

米国とは仲良くしたいけど、日本は土下座しろってことだと思いますが、頼みの米国もこんな感じに

【ミサイル発射】仲間外れの韓国に米高官「自業自得」

米国政府のある高官が19日、「韓国が国連決議案の議論から外されたのは自業自得」と話した。

 この官僚は「米国は北朝鮮がミサイルを発射するよりずっと以前から、韓国側に韓米日による協調を打診していたが、韓国側が日本とは交渉できないとしたため、韓米日による話し合いを行うことができなくなった」と主張した。

 この関係者は「韓国政府は今ごろになって排除されたことに不満を表明している」とし、「靖国神社参拝と外交は別問題なのに、韓国政府が日本の靖国神社参拝を理由に韓米日による議論に反対したため、韓国にとって重要な国際社会の意志決定から完全に除外されることになった」と伝えた。

 同関係者は「北朝鮮に対する国際社会の決議は13年ぶりの重要な転機」とし、「韓国が除外されたのは自業自得」と続けた。

 同関係者はまた、「米政府は今回の決議案に関して、当初韓国が何の意見表明も行わなかったのに、後になって国連憲章7章を含むことに反対を表明してきたため、実に驚いた」と話した。

 また国連決議が提示している対北朝鮮制裁について、「南北経済協力には大きな影響はないだろう」とし、「経済協力資金の使途については検証を行わなければならない」と語った。

 一方、マンスフィールド財団のゴードン・フレーク研究所長は記者に対し、「韓国は韓米日3カ国による協議は行わないとの立場を崩しておらず、米国側の関係者に会うたびに日本を非難しているが、米国政府内では韓国と日本を同じ官僚が担当しており、韓国がいくら日本を非難しても、米国は今後も日本との同盟を前面に打ち出し、北朝鮮を圧迫していくだろう」と語った。

ワシントン=チェ・ウソク特派員

2006/07/21 11:55 朝鮮日報

韓国が今までやってきたことを考えればまさに「自業自得」という結果とは思いますが、強固な日米同盟が日韓関係、米韓関係にも影響を与えた結果ともいえます。それは具体的な圧力として、「開業工業団地で働く北朝鮮の勤労者に直接賃金を支給する体制にすべきだ」と発言につながっています。

これは、小泉首相が日米首脳会談で、中国に対して”靖国神社参拝という一つの問題で首脳会談を行わないことに納得しない”と発言したことに対する、米国側の特アに対する対応への裏づけが取れたともいえ、今後の日中関係にも影響を与えそうです。8月15日の靖国参拝への障害がまた一つ無くなったともいえます。そして韓国にしてみれば、ちょっと騒げば譲歩したあの日本はどこ行ったニダか?ってわけです。

普通の国でしたら、この結果を真摯に受け止め、今までの行動を反省して未来志向の日韓関係を作ろうと努力するところですが、この大統領は違うようです。周囲をイエスマンで固め、現実を直視できないその姿は、金正日とさえ重なって見えます。

イエスマンだけに、ノムヒョン大統領に対して忠誠心をみせる為に発言は対日強硬論にならざるを得ず、韓国が亡国の危機にあるにもかかわらず、執行部はまさに「脳死状態」(思考停止)におちいってしまっています。

李炳浣(イ・ビョンワン)大統領秘書室長が「日本政府の態度は実に不快」と日本を非難する意見を述べ、さらには「日本であれ韓国であれ、極右は極右」と発言し、朝鮮日報をはじめとする極右メディアを日本と同一視して非難したり、イ・ジョンソク統一部長官が「北への援助、ミサイル転用の証拠はない」と北朝鮮を擁護した上、米国の「大義名分」に疑問を投げかけるなど、ちょっと見ない間に、どんどん遠いところへいってしまいました。

「帰って来い」といいたいところですが、「もう帰ってくるな」と心の声がジャマをする…

世界で孤立するアジアのバランサー韓国。ノムヒョン大統領の任期はあと1年以上ありますが、この分だと韓国は1年持たないかも知れませんね。もう、まとめて経済制裁したほうがいいと思うよ。

もう帰ってくるな!と思う方はクリック!(ブログランキングへ)

金正日が結婚したそうです。相手は女性秘書の金玉さん。

この時期の結婚は、ヒトラーとエヴァの結婚と被りますねぇ。

|

« 祭りの後に | トップページ | 超えられない壁 »

コメント

職場の21歳の女の子に「韓国の大統領知っている?」と聞いたら「金正日でしょ」と自信ありげに答えた。訂正しようかと思ったけど、まっいいか・・・と思った。

投稿: shudo | 2006年7月23日 (日) 18時27分

女性の感性と言うものは、時に恐ろしいものを感じますネェ

投稿: takayuu@管理人 | 2006年7月23日 (日) 20時22分

古い話で大変恐縮なのですが、昔”チャンバラトリオ”と言うお笑い軍団がいて、ハリセンチョップという武器のような道具を持っていたのをご存知ですか?それは、大きな画用紙をジクザクにアコーデオンカーテンのように折りたたんで、持ち手にテープを巻いて握りやすくし、思いっきり人の顔を叩くとバーンという凄い音がする物があったのです(ふー)

ノムが今度、日本を舐めた事を抜かしたら、ハリセンチョップで思いっきりいてこましたいものですね。

と、そなんことを言う為に来たわけでは無いのですが(苦笑)


お互いサヨクマスコミを取り扱うブログですので頑張って行きましょうね!

投稿: よ~面 | 2006年7月24日 (月) 02時23分

>昔”チャンバラトリオ”と言うお笑い軍団がいて~

→現役ですよ(笑

ちなみにハリセンの作り方は↓
http://blogs.dion.ne.jp/posizen/archives/1736906.html

PS.皆様のご活動に感謝致します。

投稿: KC | 2006年7月24日 (月) 04時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118475/2768413

この記事へのトラックバック一覧です: ノムヒョン号が行く:

« 祭りの後に | トップページ | 超えられない壁 »