« 日本外交の変化② | トップページ | 天皇陛下のお心 »

2006年7月20日 (木)

韓国外交の失敗

案の定、ノムヒョン大統領が日米の追加制裁に反対しているようです。

【ミサイル発射】盧大統領、米日の追加制裁に反対

「米日の追加制裁は問題解決の役に立たない」

盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領は19日、国連の北朝鮮決議案採択以降、アメリカ・日本を中心に北朝鮮に対し追加性愛が進められていることに関連し、「過度に対応し不必要な緊張と対決局面を作り出す一部の動きは問題解決の役に立たない。特に留意しなければならない部分だ」とし、事実上反対の立場を表明した。

盧大統領はこの日、安保関係の長官(閣僚)会議で「北朝鮮のミサイル発射が平和を脅かし、軍備競争を触発する」と批判した後、このように語った。

7/20 8:08 朝鮮日報

どこかの代表と同じことをおっしゃってますね。根っこは一緒かもしれません。

また、こういうことを言い出すと、どこかの新聞が、日本の近隣外交の破綻のせいとか言いそうですが、ちょっと待ってほしい。

では、韓国の外交政策は、北朝鮮に対して何か成果を挙げたのかと。

【コラム】8年間続いた太陽政策の代価

2000年6月、当時の金大中(キム・デジュン)大統領は平壌で金正日(キム・ジョンイル)総書記と韓半島(朝鮮半島)の運命を論じ合った。ソウルに戻った金大統領は「韓半島でこれ以上、戦争は起きないだろう」と語った。両首脳が「侵略行為を行わないことで合意したというのだ。

1938年9月、当時のチェンバレン英首相はドイツを訪れ、チェコスロバキアの運命をめぐりヒトラーと談判した。ロンドンに戻ったチェンバレン首相は「私たちの時代の平和を作り上げた」と宣言した。ヒトラーが「チェコスロバキアのスデーテン地方さえよこせば、これ以上領土を要求しない」と約束したというのだ。

金大中政権は1998年の発足時から北朝鮮に対し太陽政策を行った。盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権ももこれを引き継いだ。8年間の太陽政策は、金前大統領の言葉どおり韓半島を戦争の恐怖から開放してくれただろうか。「韓半島の平和」を帳簿に例え、太陽政策が残した資産と負債のバランスシートを作ってみよう。

資産リストから見てみよう。太陽政策論者たちは「南北の行き来が増えただけでも韓半島の平和にとてつもなく大きな貢献をしている」と主張する。太陽政策の代表的な商品ともいえる金剛山観光は1998年11月に始まり、今年3月末までで観光客130万5000人が訪れた。彼らは景色を眺めただけだ。北朝鮮の一般住民とは接触すらできなかった。こんな観光プログラムがどんなメカニズムで戦争を防止できるというのか、説明がつかない。

昨秋、韓国人約1万人が平壌アリラン公演を見物した。アリラン公演とは、北朝鮮の青少年6万人が行うマスゲームだ。もちろんその内容は北朝鮮の体制を賛美するもの。こんな公演を韓国人1万人が見ようと、10万人が見ようと、韓半島平和とどんな関係があるというのか。

 次は負債リストだ。1998年初め、北朝鮮の核能力は「核兵器を1つないし2つ作った」というレベルだった。2006年の現在は「核兵器を12作った」という言葉まで出ている。

 1998年初めの北朝鮮のミサイル能力は、スカッドミサイル(射程距離500キロメートル)発射に成功、ノドンミサイル(同1000~1300キロ)は開発段階にあるという程度だった。経済難のため、ミサイル開発は中止されているという話もあった。2006年現在、北朝鮮はスカッド600発、ノドン200発を保有している。合計800発はすべて、韓国を狙うこともできる。韓半島に垂れ込んだ核の雲とミサイルの影は、8年前よりもずっと濃くなった。そしてそれは「太陽政策」の責任もある。

 北朝鮮ミサイルの輸出価格はスカッドが20億ウォン(約2億4500万円)、ノドンは40億ウォン(4億9000万円)だ。北朝鮮保有ミサイル800発の総額は約2兆ウォン(2450億円)になる。ミサイル製造原価を輸出価格の半額と仮定してみよう。北朝鮮がミサイル800発を作るのに1兆ウォン(1225億円)かかったと推算できる。北朝鮮はアメリカが凍結した2400万ドル(28億円)のため地団太を踏むほど現金事情が苦しい。北朝鮮のミサイル製造費はどこから出てきたのだろうか。

 金大中政権が首脳会談を成功させるため渡した裏金は4億ドル(470億円)。金剛山観光客130万5000人が北朝鮮に支払った入境料は4億4500万ドル(522億円)。これに南北行事のたびに北に捧げた金まで合わせると、現金支援だけで1兆ウォン(1225億円)くらいにはなるだろう。

 チェンバレンとヒトラーの話に戻ろう。ヒトラーは「これ以上、要求しない」と約束してから6カ月でチェコスロバキアを併合した。チェンバレンが言った「わたしたちの時代の平和」はどこへ行ったのか。スデーテンはチェコを防御できる天然の要塞だった。チェンバレンはヨーロッパ安保の現金資産ともいえるスデーテンをヒトラーの約束という不渡り手形と交換したのだ。

 北の核とミサイルは8年間の太陽政策で何倍にも膨らんだ。韓半島の平和を脅かす実体だ。その代価として受け取ったのは南北首脳がたった一度交わした抱擁と、数百万人が南北を出入りした足跡だけだ。それが韓半島の平和を保障する現金のように見えたとしたら、それは錯覚に過ぎない。それこそチェンバレンが落ちたあの落とし穴なのだ。

金昌均(キム・チャンギュン)論説委員

7/19 12:02 朝鮮日報

なるほど。ノムヒョン大統領の言う通りですね。

太陽政策で北朝鮮に渡った現金に比べたら、日本から送金された現金など微々たる物です。これじゃぁ金融制裁も効果が無いかもしれませんね。って馬鹿。

結局、お前らが北朝鮮を甘やかすから、付け上がって周辺国に迷惑掛け捲ってんじゃねぇかよ!

日本を批判している暇があったら、まずお前らの外交の不始末をなんとかしろ!

太陽政策は(初めから)失敗だったと思う方はクリック!

※”生徒会移送”⇒”せいとか言いそう”、”金制裁”⇒”金融制裁”に修正しました。文中の”中止”は、誤植と思われる”注視”を修正したものです。

|

« 日本外交の変化② | トップページ | 天皇陛下のお心 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118475/2730371

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国外交の失敗:

» 潜水艦ノム号 [もちもちはまがっこう]
かの國の社説がこれほど忌憚なくモノ言うとは、、 周りがまるで見えていないノムさん [続きを読む]

受信: 2006年7月20日 (木) 16時42分

» (´,_ゝ`)y─┛~~  韓国が崩れ行く様を眺める [むうみんの脳内妄想]
 盧武鉉大統領の暴走が止まる気配を見せていません。韓国の大統領は任期が5年ですので、盧武鉉大統領とは2008年3月までお付き合いしなければなりません。日本にとって、また韓国民にとっても、これ以上の不幸は無いように思います。盧大統領「日本とは対決しなければなら...... [続きを読む]

受信: 2006年7月22日 (土) 02時35分

« 日本外交の変化② | トップページ | 天皇陛下のお心 »