« 愛国心 | トップページ | 靖国参拝 »

2006年6月30日 (金)

空気の読めない毎日新聞

昨夜、日米首脳会談が行われ、共同記者会見が行われました。

日米首脳会談:「21世紀の同盟」宣言 対米最重視を強調(毎日新聞)

日米首脳、「新世紀の同盟」発表 共同文書(朝日新聞)

しかし、おかしなことに、フジテレビの記者が質問した内容が抜けている。。。

小泉首相は、記者の質問に対し、日米同盟重視することによって、他のアジア各国との関係も改善されていくという自らの主張に対して、一部(サヨク親中)マスコミの悪意ある報道によって、親米路線、アジア軽視といった間違った認識がなされているとはっきりおっしゃったのですが。見事にスルーしてます。こいつらに自浄作用を求めても無駄なのでしょうか。

そこまで言われても空気の読めないやつがいます。そう、毎日新聞です

日米首脳会談:同盟成熟、課題は残る

イラク戦争を支持した小泉純一郎首相と「小泉改革」を後押ししたブッシュ米大統領。持ちつ持たれつできた2人の特殊な「盟友」関係がまもなく終わる。29日の日米首脳会談で、大統領は国賓級のもてなしで首相の「花道」を演出。両首脳が最後にうたいあげた「新世紀の日米同盟」はポスト小泉の外交指針になる。一方で、同盟強化に伴う軍事的・経済的な負担増やアジア外交の失敗は今後の日本外交の足かせになりかねない。そんな危うさを残して小泉首相は外交舞台から去る。

 ◇安保傾斜、アジア置き去り

 ブッシュ大統領「日本の首相は勇気があり、ビジョンを持っている。彼が私の友人であることを誇りに思う」

 小泉首相「5年間、世界の首脳でブッシュ大統領ほど心に感じ、友情を感じ、信頼でき、協力してきた首脳はいない」

 29日の首脳会談前、ホワイトハウス南庭で開かれた歓迎式典はさながら「ヨイショ合戦」と化した。会談後に発表した共同文書で、日米関係を「歴史上、最も成熟した2国間関係の一つ」と自賛した。

 しかし、蜜月の5年間で目立ったのはむしろ、軍事・安全保障面の協力強化の突出ぶりだ。北朝鮮の核・ミサイル開発や不審船事件があったとはいえ、長年タブーだった有事法制の整備に踏み切ることができたのは小泉首相だったからでもある。ミサイル防衛(MD)の導入と共同開発も決め、米側を喜ばせた。

 さらに01年9月の米同時多発テロ後のインド洋へ海上自衛隊を「戦時」派遣し、続けて陸上自衛隊をイラクの「戦地」へ。新たな防衛計画の大綱と在日米軍再編協議で自衛隊と米軍の海外での協力強化を約束した。

 これを受け共同文書で「21世紀の新しい日米同盟」を宣言した。今後は自衛隊と米軍の役割分担による軍事的負担と、在沖縄海兵隊のグアム移転経費など米軍再編絡みの財政負担が国民にのしかかる。今回の首相訪米には「米軍再編の証文に判子を押しに行くだけでいいのか」との批判が自民党内からも聞かれた。

 また、自由、人権、民主主義などの「日米共通の価値観」が共同文書に盛り込まれ、外務省は「中国へのけん制」と位置づける。しかし、米国が「自由と民主主義」を掲げ軍事行動に突き進んだ時に引きずられることにならないか。「強固な日米協力が中国の活力を生かし、北東アジアの平和と安寧の維持に資する」と言うが、アジア外交を立て直す具体策は見当たらない。

 首相はカナダで靖国神社参拝について「(年に)何回行こうが問題にならない。個人の自由だ」と記者団に言い切った。さらに、28日のハーパー・カナダ首相との会談で「日中関係には靖国など難しい問題もあるが、あらゆる分野で交流が拡大している」と強調、「アジア外交の失敗」批判をけん制した。【ワシントン平田崇浩】

 ◇米外交 盟友消え進む孤立

 「小泉首相にとっては卒業旅行になる。それは次の首相に『道標』を示す機会にもなる」。ブッシュ政権で昨年まで国家安全保障会議(NSC)アジア上級部長を務めたマイケル・グリーン氏は今回の首相訪米をこう位置付ける。

 卒業旅行を印象付けるのは故エルビス・プレスリーの邸宅「グレースランド」訪問。ブッシュ大統領の「友人のために何かしてやりたい」との一言で決まった。事務方は「めまいを覚えた」(米政府高官)が、大統領は自ら案内を買って出た。

 大統領は今回「元首」ではない小泉首相を、歓迎式典や晩さん会など国賓並みの特別扱いでもてなす。「同時多発テロやイラク戦争など苦しい立場に置かれた大統領を一貫して支持してきた首相への返礼」と日米政府関係者は語る。

 「有志連合」を率いたイラク戦争から3年がたち、世界は変わった。中核だったスペインのアスナール首相、イタリアのベルルスコーニ首相は政権交代を経て姿を消し、9月の小泉首相退任に続き、ブレア英首相も07年中に退陣する方向だ。

 大統領のイラク問題の演説では決まって小泉首相が登場する。60年前の敵国の首相と親密な関係を築きあげたことは、米国がイラクの民主化と米軍駐留に理解を求める際の絶好のアピール材料になるとみているためだ。しかし、それも首相が退陣すれば使えなくなる。

 国際協調に背を向けた米外交にとって、重要な役割を担っていた「盟友」が次々と消えていく。ブッシュ大統領の孤立化は深まるばかりだ。米戦略国際問題研究所(CSIS)のカート・キャンベル上級副所長(元国防次官補代理)は「最終的に外交は国同士の関係だ。これからは困難な時期になる」と指摘し、「盟友」外交を進めてきたツケが回ってくるとの厳しい見方を示す。【ワシントン及川正也】

毎日新聞 2006年6月30日 1時48分

まさに、悪意にあふれた記事ですね。首相のいうところの、悪意ある報道とはどういうものかとても気になってたんですが、毎日新聞が率先して見本を示していただいたようで助かりました。ありがとう。

同盟強化による、経済的負担増は、そのまま、不透明な軍拡を続ける中国への抑止力強化となり、侵食に苦しむ周辺諸国の希望となるんじゃないの?

アジア外交を立て直す具体策云々といってるが、アジア外交は好転してますがなにか?

毎日新聞もあせりを感じているでしょうね。先日の首相の靖国発言で反応したのが、日中友好議員連盟会長様でいらっしゃる、高村元外務大臣と売国議員連盟の方々ぐらいで、肝心の中国様が出てこない。ここまで中国批判しても、なにも言ってこないのは、強固な日米関係があるからじゃないですかね?今頃、胡錦濤中国国家主席さまは、歯軋りして見ているのではないでしょうか?

最後に、カート・キャンベル元国防次官補代理を持ち出して、米国の見方としてますが、この人は、クリントン政権時代の国防次官補代理で、有名な親中派じゃないですか。いろんなところ(主にサヨクマスコミ)に出すぎて、いいかげん賞味期間切れてます。

昨夜の首脳会談後の会見は、上の首相の発言は、フジテレビで放映されるとおもわれます。是非チェックしてください。

毎日新聞は最近飛ばしすぎだと思う方はクリック

|

« 愛国心 | トップページ | 靖国参拝 »

コメント

眉毛につばをつけてマスコミの報道を見る姿勢は良いが、あなたは所詮は日本国内で得られる情報や主張に頼って己の政治的ポジションを決めているネットウヨクですね。そのサヨク批判は、プロ市民のウヨク批判と同レベルで、読んでいて微笑ましい(笑)。サヨク批判で溜飲をさげてるのもいいけど、もっとちゃんと国際政治を勉強して、現実的観点から日本・アメリカ・そしてアジア情勢を批評できるようになってね。

投稿: 通りすがり | 2006年6月30日 (金) 18時00分

コメントありがとうございます。
まだまだですけど、がんばりますね。
一応、このブログの売りは、日本のニュースサイトから身近に得られる情報で、いろいろ考えていこうということなので、ほほえましく見守ってやってください。

投稿: ゴーリキー | 2006年6月30日 (金) 18時36分

工作員必死だね(・∀・)ニヤニヤ

投稿: おや?ここにも | 2006年6月30日 (金) 21時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118475/2439343

この記事へのトラックバック一覧です: 空気の読めない毎日新聞:

» 軽すぎた小泉改革 ―小泉改革をヌーベル・キュイジーヌに喩えると― [江戸摩呂日記 ~メディア千本ノック~]
朝日新聞 2006年(平成18年)6月24日(土曜日)24面 経済気象台 龍「ヌーベルなわが国指導層」 ? ライブドア事件、村上ファンド事件、日銀福井総裁の村上ファンド出資と、いわゆる小泉改革の象徴ともいえる人たちが引き起こした経済事件や不祥事が連発している。まろは... [続きを読む]

受信: 2006年6月30日 (金) 15時51分

« 愛国心 | トップページ | 靖国参拝 »